Rod Holder


CZ35にオプションのロッドフォルダーを追加した場合

ロッドフォルダー
縦:21cm 横:13cm
重量:約40g
2色展開
材質:X-Pac VX21HS ストレート・グレー
材質:X-Pac VX21S コヨーテ・ブラウン
販売価格:1,500円(税抜)

その他各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ウェストパック Waist Pack 3

源流釣行に欠かせないパックロッドの搭載に適したロッドフォルダー、ボトルフォルダーとしても使用可能。底部には水抜き穴もある。

その他各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ウェストパック Waist Pack 3

購入はこちらから
RSRストア

Waist Pack 3


CZ35にオプションのウェストパック3を付けた場合

オプションのWaist Pack 3はバックパック本体に取り付けてウェストベルトとして使用することや、外して単体で使用することが可能です。
単体重量:155g 容量:約3L
2色展開
材質:X-Pac VX21HS ストレート・グレー
材質:X-Pac VX21S コヨーテ・ブラウン
販売価格:6,000円(税抜)

その他各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ロッドフォルダー Rod Holder

バックパックにベルクロで接続することでウェストベルトになり、付属の連結金具により単独で使用することもできるウェストパックです。頻繁に出し入れする釣り道具や身体から放したくない鍵、財布などを入れることに適しています。止水ジッパーを使用しているので多少の雨では中身が濡れることはありません。

その他各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ロッドフォルダー Rod Holder

購入はこちらから
RSRストア

Center Pack 7


CZ35にオプションのセンターパックを付けた場合

オプションのワンショルダーサブバック(Optinal Center Pack 7)
野営地に着いたらバックパック本体をデポしてこのCenter Pack 7のみを持って釣りに出かけます。
容量:約7L
単体重量:195g
縦:48cm 横:23cm
2色展開
材質:X-Pac VX21HS ストレート・グレー
材質:X-Pac VX21S コヨーテ・ブラウン
販売価格:7,000円(税抜)

その他各オプションはこちらから
ウェストパック Waist Pack 3
ロッドフォルダー Rod Holder



ショックコードに付いた2穴コードロックをバックパック本体のディジーチェーンストラップにくぐらせることでセンターパック7を取り付けることが出来ます


ストラップに6箇所固定し、さらにショルダーストラップをバックパック本体の上部ストラップにくぐらせることでセンターパック7の脱落はなくなります

その他各オプションはこちらから
ウェストパック Waist Pack 3
ロッドフォルダー Rod Holder

購入はこちらから
RSRストア

RSR Backpack CZ35
(センタージップ)


CZ35にオプションのセンターパック7、ウェストパック3、ロッドフォルダーを追加した場合


スリーピングマットとフライロッドを搭載した場合


すべてのオプションを外した場合

RSRバックパックCZ35は源流野営釣行で考えられるあらゆるシーンに適応するべくデザインされたバックパックです。
防水で軽量かつ強靭な素材であるX-Pacを使い、かまぼこ型の断面でそっけないほど平滑な表面をしていますが、これは藪こぎでの引っかかりを可能な限り防ぐため余分な要素をそぎ落とした結果です。

源流釣行にウルトラライト(超軽量)なハイキングギアを導入する場合、特にバックパックには注意が必要だと考えます。従前のウルトラライトなバックパックの多くは整備されたアメリカのロングトレイルを移動することを主目的として開発された経緯がありますので、日本の源流釣行の環境(オフトレイル)に必ずしも合致するわけではないからです。

本体容量:約35L
本体重量:480g
背面長:50cm(Mサイズ) ・48cm(Sサイズは受注生産)
2色展開
材質:X-Pac VX21HS ストレート・グレー
材質:X-Pac VX21S コヨーテ・ブラウン (グレーより生地が柔らかい)
本体販売価格:23,000円(税抜)

各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ウェストパック Waist Pack 3
ロッドフォルダー Rod Holder

rimg0698
バックパック本体底面

最小の表面要素として両サイドに二列のディジーチェーンストラップを設けており、ここに各種のオプションを取りつけることで多様な局面をカバ ーします。
rimg0700ディジーチェーンストラップ

このバックパックの最大の特徴は背負う面に設けられた止水ジッパーです、これによりバックパックの何処に仕舞いこんだ荷物も簡単に取り出すこ とができます、この位置に取り出し口があると濡れた地面にバックパックを置いたとしても背負う面を濡らすことなく中身を取りせるのです。また 素材のX-pacは防水性があるので多少の降雨でも中身が濡れません。(縫い目がシールされていませんので完全防水ではありません)

img_3171

背負う面にジッパーがあると背中に当たるのではないかと思うかもしれませんが、背負う面は縦に4分割されていて左右外側にだけプラダンフレームが仕込まれており、フレームの無いジッパーを中心とした内側左右の部分は微妙に凹んでいるため背中でジッパーを感じることは無いでしょう。
プラダンフレームはバックパックの内側のポケットから抜き差しが可能で、プラダンの中心に入れられたアルミを曲げることで背中の湾曲にフィットさせることが出来ます。

rimg0702
img_3159img_3161img_3163

img_3222
プラダンフレームは取り外しが可能img_3223 img_3225

2色展開:コヨーテ・ブラウン
rimg0726 rimg0727 rimg0731 rimg0732

各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ウェストパック Waist Pack 3
ロッドフォルダー Rod Holder

購入はこちらから
RSRストア

RSR Naturestove

ご飯も炊ける超軽量のチタン製折畳み焚火台

RSRネイチャーストーブは単独野営における最適な簡易カマドです。
チタン製の本体と付属部品を合わせて総重量約160gと軽量で仕舞寸法は220mmX180mm A5サイズポーチに収めることが出来るサイズとなっています。
枯れ枝を燃料にする焚火台は燃料を携帯する必要が無く装備を軽量化することが可能です。また、野営地環境に左右されることなく確実に焚火を熾すことが出来る安心感は単独野営において何事にも代えられないものです。

_1010870焚火缶中(ビリー缶ミドルサイズ)使用時の様子

イワナ釣り + 単独野営 + 焚火台

IMGP4295
RIMG0176

イワナは渓の最上流に生息しとても用心深い魚です、人の気配に非常に敏感なので釣果を求めればおのずと山奥に分け入らなくてはなりません。しかし整備された登山道を外れルートファインディングしながらの遡行は体力が必要で危険も伴いますので装備を可能な限り削り軽量小型化する必要があります。

RIMG0357

源流単独野営釣行における焚火台の役割

私は以下の理由により源流単独野営釣行に焚火は絶対必要だと考えています。

・暖を取る
・煮炊き調理(炊飯)
・野生動物から身を守る
・精神の安定
(ガスバーナー等は長時間燃やし続けることが出来ないので上記全ての必要条件を満たせません)

RIMG0353
RIMG0366

初めて訪れる川では野営適地を見つけることが難しく、特に地面が湿っているなど焚火が出来る場所を確保することが難しい場合があります。
また、バックパックを背負っての源流釣行では思いのほか体力と精神力が消耗するため、疲労困憊で野営地に戻ってから焚火を熾す作業はかなりの負担を伴うのです。
そこで焚火台を装備に加えたいと考えたのですが、従来の焚火台は重量が極めて重いか、極端に小型化して炊飯に向いてない(一定火力を維持できない、特に海外製品は炊飯を考慮していないため使い物にならなかった)製品ばかりで源流単独野営装備に加えることが出来ませんでした。

ということで以下の条件を満たす製品を開発しました

・軽い
・仕舞寸法が小さい
・組立が簡単
・着火が簡単
・安定して鍋が置ける
・炊飯ができる

RSRネイチャーストーブの特徴的な形状について

_DSC4376

RSRネイチャーストーブは弓型形状のチタン板二枚を十字に交差させ、その間に金属メッシュをU字型に這わせ、三方をチタン薄板で囲った形状の製品です。
火床に囲みをつけることで放出された熱が反射し、また上昇気流の煙突効果で燃焼を連続させることにより炊飯に必要な要件(一定時間沸騰を連続させること)を可能とします。
外周を囲むチタン薄板はステンレスにあるような熱によるへたりが圧倒的に少ない素材ですので安心して使用できます。

IMG_3006c上昇気流と輻射熱の効果

_DSC4307_DSC4354

チタン製リフレクター(火床の囲み)をフレームに固定する際にヘアピンを使っています、この部品は熱により変質したり無くしたりすることが多いと思われますので、手に入り易く安価な既存品を利用することにしました。後日追加で購入する場合は 玉付き と呼ばれるものは避けてください、玉部分に熱で溶解する樹脂素材が使われているのでリフレクターに付着してしまいます。

_1010854
IMG_3009
IMG_3015

スペック
重量:約164g (カーボンフェルトを除いた重量)
縦:220mm 横:220mm 高さ:140mm(組立時)
フレーム材の厚さ:1mm
材質:チタン、ステンレスメッシュ

● 追記
RSRネイチャーストーブを一部改良いたしました
下写真にありますように新バージョンではゴトクの間隔が広くなり上から薪が入れやすくなりました。(黒く煤けたのが前バージョン)
また、火床のステンレスメッシュが周囲折返し部分に8点スポット溶接を施しほつれにくくなりました。
抜け止め金具をステンレスからチタンに変更しました。
多くの方にご利用いただきたいと考えまして、生産工程を見直し税抜き販売価格を16,000円から13,000円に変更いたしました。その結果、フレームに入れていたロゴを省略し新たに収納袋にロゴを入れることになりました。
RIMG0646 naturestove2_3

製品購入はこちらからお願いいたします。
Purchases from outside Japan here.

RSR Stove 2nd model

高火力のアルコールストーブ

源流という過酷な環境で一人が一回分の食事に必要とする湯を確実に手に入れることを目指し高火力・小型・堅牢なアルコールストーブを開発しました。(開発に至った背景はこちら
結果、出来上がったのがアルミ合金削り出しのRSR Stoveです。

IMG_2455
市販アルコールストーブでは最強ランクの火力&安定性を誇ります
RSR Stoveのトルネード燃焼は赤火が殆どありません(完全燃焼に近い証拠)

トルネード

■構造 実用新案登録第3198052号(PDF) 出典:特許情報プラットフォーム全体図3D

■動作についての解説
断面図a
1.燃料投入
燃料槽にアルコール燃料が注がれると密着したカップの内側面とミドルパーツの外側面で起こる毛細管現象によりアルコール燃料が燃焼気化室下端に到達します

断面図b
2.着火
燃料槽のアルコール燃料に着火すると燃焼により筺体が暖められ燃焼気化室内のアルコール燃料が蒸発を始めアルコール蒸気が発生します

断面図c3.本燃焼
燃料気化室内のアルコール蒸気はますます膨張し燃料気化室の上部にある孔(火口)より噴出し燃焼します

断面図d4.ブローバック
燃焼により筺体の温度が上昇し燃料気化室内のアルコール蒸気の膨張圧が適正値を超えると、アルコール蒸気が還流路を通じ燃料槽に戻り再液化します。
従いまして、高火力ではありますが同じ高火力の加圧型アルコールストーブのような内圧の異常上昇による爆発の心配がありません。

■価格
・RSR Stove 2nd (ストーブ本体) 8,000円(税込8,640円)
Pot Stand (折り畳み式ゴトク) 3,000円(税込3,240円)
Windscreen (簡易風防) 1,000円 (税込1,080円)
Pot Lid (消火用蓋) 600円(税込648円)
Ring(火力調整リング) 600円(税込648円)
PP Bottle (燃料用ボトル) 300円(税込324円)

■製品詳細
・RSR Stove 2nd : 重量33g 大きさ/直径55mm  高さ37mm  材質/アルミ合金
・Pot Stand : 重量45g 大きさ/縦104mm 横104mm 高さ80mm  材質/SUS304
・Windscreen : 重量8g 大きさ/縦49mm 横300mm 厚0.1mm  材質/チタン
・Ring : 重量4.4g 大きさ/直径59mm 高さ10mm 材質/スチール
・Pot Lid : 重量7.5g 大きさ/直径59mm 高さ10mm 材質/スチール
・PP Bottle: 高さ:100mm  直径:φ47mm 重さ:14g 材質/ポリプロピレン

Purchases from outside Japan here.

RSR Stoveオリジナル(旧版製品)についてはこちらからご覧ください

RSRストーブ用収納袋

サルパウチさんにお願いして製作していただいたRSRストーブ用の収納袋です。

RSRストーブ、簡易風防、燃料ボトル、折畳み式ゴトクを一括収納できます。
内側にゴトク専用のポケットが付いているのでガタつかず一式をクッカーに入れ込むことが可能です。
ポケットは底面をD型にすることで平面になっています。これにより、円筒の湾曲部分にこしらえたポケットと違い、平面的なものもしっかりと収納するスペースを確保しています。
本体は道具の出し入れがわずらわしくないように、ぴったりすぎない余裕のあるサイズ。
デザインと縫製をサルパウチさんに依頼してるコラボ商品でRSRとサルパウチ両方のロゴがプリントされています。
さすが出来が良いことで評判のサルパウチ製、非常に手間をかけた贅沢な作りです。

naturestove1_4 RIMG0492 RIMG0491 RIMG0490 RIMG0493

RSR CF Mesh Stove

cfmesh_2
RSR CF Mesh Stoveはアルミ合金筺体内部に難燃素材のカーボンフェルト(CF)を詰めたアルコールストーブです。
従来のRSR Stoveは筐体内部を2重構造(3重構造)化することで毛細管現象を発生させ燃焼気化室に燃料アルコールを運こぶnon wick型ですが、こちらの製品はカーボンフェルト(CF)を芯として燃焼するwick型アルコールストーブです。
RSR Stoveに比べ低火力ですが、長時間燃焼が可能で扱いやすい製品に仕上がっています。構造はいたって単純で故障する可能性がほとんどありません、またRSR Stoveと同様、この製品のために一から製造したフルオリジナルの部品により作られており堅牢です(飲料用アルミ缶を流用した製品ではありません)
使用においてはメッシュの上から燃料用アルコールをCFに浸透させライター等で着火させるだけです。
燃料用アルコール50mlで約30分燃焼します。
燃料が尽きる前に消化させたい場合にはRSR Stove用消化蓋を使ってください。

■製品詳細
重量約30g 直径55mm  高さ37mm  材質/アルミ合金

■価格
・RSR CF Mesh Stove(ストーブ本体) 5,000円(税込5,400円)
販売はこちらから

cfmesh cfmesh_3
IMG_2760
RSR CF Mesh StoveはRSR十字ゴトクの使用をお奨めします。

RSR十字ゴトク

RSR Stoveヘビーユーザーさんからゴトクを組み立てたままでクッカーに仕舞いたいという要望がありましたので新たに十字ゴトクを開発をしてみました
JETBOILコンパニオンカップにぴったりサイズです。
RIMG0200
RIMG0207 RIMG0209

RSR Stoveと50ml燃料ボトルを中心に入れてライターと折りたたみスプーンを入れててもまだ上部に空間があるので、台所にあったタッパー(佃煮の空きタッパー)にチリトマトリゾットを入れて(これが奇跡的に容量ピッタリ)野外に持ち出して昼食にしました。

RIMG0196 RIMG0198 RIMG0201
ヒートエクスチェンジャー付のクッカーに水200mlとリゾットを入れスプーンで良くかき混ぜて火にかけます。あっという間に沸騰します。20秒ほど沸騰させて火から下ろし蓋をしたまましばし蒸らせば完成。
クッカーの中に食料、燃料、火器、武器すべて収納できる最速のアウトドア昼食セット完成です。
(参考までに室内での給湯テストでは水200ml 20℃から95℃までの時間が1分52秒でした)
RIMG0202 RIMG0203RIMG0204
RIMG0205
IMG_2651もし野外でヒートエクスチェンジャー付きのクッカーを使う場合は、急激に吹いてくる風を想定し予めコジーの裾をめくって置くことをお勧めします。如何にRSR Stoveの炎がJET噴射すると言っても所詮はアルコールストーブです。ヒートエクスチェンジャーの蛇腹部分から風に煽られた炎が吹き出しコジーを焦がす可能性があります。
また、当該ヒートエクスチェンジャー付きクッカーはアルコールストーブでの使用を前提に作られていないようですので、ご使用にあたっては必ず自己責任でお願いいたします。

RSR Stove&十字ゴトクのセットはこちらからお求めいただけます。

チタン製簡易風防

IMG_2623

IMG_2626

チタン製の簡易風防です。鍋を覆うタイプの風防に比べるとこと強風による対応力は落ちますが、風によりストーブの炎が消えることはまずありません。
風防としての役割とリフレクター(熱を反射させて筺体を暖める)としての役割、および上昇気流を促し燃焼効果を高める役割があります。

重量4g 大きさ/縦49mm 横300mm 厚0.05mm  材質/チタン