20170902源流野営釣行


数年ぶりに南アルプス某所にヤマトイワナを釣りに行って来ました。
同行は釣友のKさん、彼は初めてのヤマト、初めての尺イワナとの出会いを求めての釣行です。

夜通し車を走らせ目的地に繋がる広場の東屋で仮眠、日の出と共に林道ゲートまで車を走らせ、ゲートから林道を歩き出しました。
目的地の渓は山越えで7時間ほど掛かります、南ア特有の急斜面のザレ場が続く道中は過酷の一言です、UL装備とはいえ2泊分の荷物を詰めたザックが背中に重くのし掛かります。

林道を約1時間歩き登山道(?)に取り付き直登約2時間、あまりの厳しさに写真を撮ることも忘れヒーヒー言いながら登りました。普段から登山や自転車で鍛えているKさんは先行しあっという間に姿を消しています。
私も何とか原生林が続く緩い登りの尾根に着いて一休み、写真を撮る余裕も出来ました。


巨木がそびえる原生林は何もかもが大きく育つようで、ミミズもこの通り。

キノコもこの大きさ(たぶんツキヨタケ)。

ルート屈曲点でKさんと合流し簡単な昼食を摂り別尾根に入ります。
痩せ尾根で急降下と急登の連続、脚下を確かめつつ歩を進めます。

目的の渓に続く峠に到着した時点で約6時間経過。予定通り。

ここから急傾斜の礫のザレ場を下りればテン場です。

テン場適地は苔むした樹林帯端と川向こうの砂礫にあります。
今回は天気予報から降雨の可能性が低いので、フラットな砂礫のテン場を選びました。

枯れ枝を利用し農ポリタープを張り焚木を拾い集めたら今夜のメインディッシュを捕獲しに向います。


テン場から100mも行かない内に尺を筆頭に9寸以上が複数上がりあっという間に捕獲終了。
相変わらず底抜けのポテンシャルを秘めたこの渓の実力を実感。

最近の渓飯はイワナの唐揚げがお気に入りです。

理由は作るのが簡単なのにも関わらず美味しいから。
家庭では揚げ物というと面倒に思う人が多いですが、渓では油汚れが気にならないので案外簡単です。
また、トランギアメスティンTR-210(スモール)はその形状から使う油の量が少なくて済むし、鍋縁が高からず低からず、渓で揚げ物をするのに理想的だと言えます。

そして、揚げ物といっても天ぷらでは無く唐揚げにするというのがミソ。
唐揚げ粉は天ぷら粉の様に水で溶く必要も無く、ビニール袋を使って簡単にまぶすことができます。
また、調味料が入っているのでそのままでも美味しく、天ぷらのように天つゆを用意する手間もありません。
コツとしては揚げる直前に具材(イワナの三枚おろし)に粉をまぶすこと、まぶした状態で置いておくと表面に水分が染みてべったりしてしまうからです。

今回は揚げただけではなく、Kさんがどうしても酢豚風に挑戦したいというので「イワナの甘酢あんかけ」となりました。それ用に玉ねぎとピーマンとカシューナッツ(!)を用意してきたようです。
これが激的に美味い。
酒がすすむすすむ。

(快速旅団のNSメスティンが活躍)

ご飯モノは残った玉ねぎとピーマンを投入したパエリア風。

険しい道中の疲れもあって今宵は早めに就寝、ビビィに潜り込みました。

翌朝はこれも最近の定番、ヒガシマルの雑炊の素で簡単にすませ(炊飯した鍋で雑炊すると鍋がキレイになる!)早速釣りに向います。

山のうつわ で食うと雑炊も一味違う

テン場から2時間ほど竿を出さずに渓を下り、途中の難所ではロープを出しましたが、良く見れば水量が落ちているので難所では無くなっていて簡単に渡渉することができました。


(使っているバンブーロッドはEST8600m

目的の本流の合流点に着いて竿を出し、本流を少し下って探ってから、Kさんと私は時間を決めてお互い別の支流に入り釣り上がりました。

この辺りまで来るとイワナとアマゴの混生域となり、流芯にフライを流すとアマゴが釣れるようになります。
尺アマゴを期待していたのですが残念ながら出会うことは出来ませんでした。

それでもポイントごとにしっかり渓魚が入っていて午前中に軽くツ抜け。

Kさんと合流し、用意しておいた昨晩の残りご飯とイワナ中骨の唐揚げで昼食。

さぁ、ここからが本番。
交代に竿を出しテン場まで支流を詰め上がるのです。


 

結果、もう9月だというのにドライフライ最盛期並みの釣果を見ることが出来ました。
日暮れまでの時間の制約があるので丁寧に探ることはしませんでしたが、それでも尺が3本と泣き尺が2本、それ以下サイズは面倒で数えてませんがザックリと尺モノの10倍という感じでしょうか。
Kさんも尺上を2本上げて大興奮。手が震えたって(^^)
一つの釜を交代に攻めた時は合計8匹釣れました。それほど大きなポイントでも無いのにまだまだ釣れる気配があったのですが日没が近づいているので釣るのを止めたほどです。

テン場に戻ってお互いの釣果に祝杯を上げました。
私は懸案だった源流コークハイを試してみました、源流では持ち運べる荷物の量に限りがあるのでビールを大量に持ちこむことは難しく、一般的に重宝されるのはアルコール度の高いウイスキーやスピリッツです、通常は、それを水割りで飲むのです。しかし乾杯の時には炭酸のシュワシュワ感が欲しいのも事実。
そこで思いついたのが駄菓子のコーラタブレットでコークハイを再現出来ないかということ。


源流コークハイには密閉できる広口のナルゲンボトル。400mlサイズが丁度良い感じです。

メインディッシュは再びイワナ唐揚げ。それとフェンネルと岩塩でソテーしたイワナ。

翌朝は炊いてから混ぜるピラフの素。それをお弁当にしました。
往路が7時間で帰路も同等の時間が掛かります。。。。ふぅ。

(今回使用したバックパックはRSR CZ35セット

Rod Holder


CZ35にオプションのロッドフォルダーを追加した場合

ロッドフォルダー
縦:21cm 横:13cm
重量:約40g
2色展開
材質:X-Pac VX21HS ストレート・グレー
材質:X-Pac VX21S コヨーテ・ブラウン
販売価格:1,500円(税抜)

その他各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ウェストパック Waist Pack 3

源流釣行に欠かせないパックロッドの搭載に適したロッドフォルダー、ボトルフォルダーとしても使用可能。底部には水抜き穴もある。

その他各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ウェストパック Waist Pack 3

購入はこちらから
RSRストア

Waist Pack 3


CZ35にオプションのウェストパック3を付けた場合

オプションのWaist Pack 3はバックパック本体に取り付けてウェストベルトとして使用することや、外して単体で使用することが可能です。
単体重量:155g 容量:約3L
2色展開
材質:X-Pac VX21HS ストレート・グレー
材質:X-Pac VX21S コヨーテ・ブラウン
販売価格:6,000円(税抜)

その他各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ロッドフォルダー Rod Holder

バックパックにベルクロで接続することでウェストベルトになり、付属の連結金具により単独で使用することもできるウェストパックです。頻繁に出し入れする釣り道具や身体から放したくない鍵、財布などを入れることに適しています。止水ジッパーを使用しているので多少の雨では中身が濡れることはありません。

その他各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ロッドフォルダー Rod Holder

購入はこちらから
RSRストア

Center Pack 7


CZ35にオプションのセンターパックを付けた場合

オプションのワンショルダーサブバック(Optinal Center Pack 7)
野営地に着いたらバックパック本体をデポしてこのCenter Pack 7のみを持って釣りに出かけます。
容量:約7L
単体重量:195g
縦:48cm 横:23cm
2色展開
材質:X-Pac VX21HS ストレート・グレー
材質:X-Pac VX21S コヨーテ・ブラウン
販売価格:7,000円(税抜)

その他各オプションはこちらから
ウェストパック Waist Pack 3
ロッドフォルダー Rod Holder



ショックコードに付いた2穴コードロックをバックパック本体のディジーチェーンストラップにくぐらせることでセンターパック7を取り付けることが出来ます


ストラップに6箇所固定し、さらにショルダーストラップをバックパック本体の上部ストラップにくぐらせることでセンターパック7の脱落はなくなります

その他各オプションはこちらから
ウェストパック Waist Pack 3
ロッドフォルダー Rod Holder

購入はこちらから
RSRストア

RSR Backpack CZ35
(センタージップ)


CZ35にオプションのセンターパック7、ウェストパック3、ロッドフォルダーを追加した場合


スリーピングマットとフライロッドを搭載した場合


すべてのオプションを外した場合

RSRバックパックCZ35は源流野営釣行で考えられるあらゆるシーンに適応するべくデザインされたバックパックです。
防水で軽量かつ強靭な素材であるX-Pacを使い、かまぼこ型の断面でそっけないほど平滑な表面をしていますが、これは藪こぎでの引っかかりを可能な限り防ぐため余分な要素をそぎ落とした結果です。

源流釣行にウルトラライト(超軽量)なハイキングギアを導入する場合、特にバックパックには注意が必要だと考えます。従前のウルトラライトなバックパックの多くは整備されたアメリカのロングトレイルを移動することを主目的として開発された経緯がありますので、日本の源流釣行の環境(オフトレイル)に必ずしも合致するわけではないからです。

本体容量:約35L
本体重量:480g
背面長:50cm(Mサイズ) ・48cm(Sサイズは受注生産)
2色展開
材質:X-Pac VX21HS ストレート・グレー
材質:X-Pac VX21S コヨーテ・ブラウン (グレーより生地が柔らかい)
本体販売価格:23,000円(税抜)

各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ウェストパック Waist Pack 3
ロッドフォルダー Rod Holder

rimg0698
バックパック本体底面

最小の表面要素として両サイドに二列のディジーチェーンストラップを設けており、ここに各種のオプションを取りつけることで多様な局面をカバ ーします。
rimg0700ディジーチェーンストラップ

このバックパックの最大の特徴は背負う面に設けられた止水ジッパーです、これによりバックパックの何処に仕舞いこんだ荷物も簡単に取り出すこ とができます、この位置に取り出し口があると濡れた地面にバックパックを置いたとしても背負う面を濡らすことなく中身を取りせるのです。また 素材のX-pacは防水性があるので多少の降雨でも中身が濡れません。(縫い目がシールされていませんので完全防水ではありません)

img_3171

背負う面にジッパーがあると背中に当たるのではないかと思うかもしれませんが、背負う面は縦に4分割されていて左右外側にだけプラダンフレームが仕込まれており、フレームの無いジッパーを中心とした内側左右の部分は微妙に凹んでいるため背中でジッパーを感じることは無いでしょう。
プラダンフレームはバックパックの内側のポケットから抜き差しが可能で、プラダンの中心に入れられたアルミを曲げることで背中の湾曲にフィットさせることが出来ます。

rimg0702
img_3159img_3161img_3163

img_3222
プラダンフレームは取り外しが可能img_3223 img_3225

2色展開:コヨーテ・ブラウン
rimg0726 rimg0727 rimg0731 rimg0732

各オプションはこちらから
センターパック  Center Pack 7
ウェストパック Waist Pack 3
ロッドフォルダー Rod Holder

購入はこちらから
RSRストア

折畳み式ウッドストーブの試作品その2

開発中の折畳み式ウッドストーブの燃焼試験をしました。
前回のバージョンから大きな進化を遂げ、壁を2重構造にしています。
中空壁の中を暖まった空気が上昇し内壁上部にある穴から噴出し二次燃焼を促します、
少量の薪で高火力&完全燃焼するために煤があまり出ません
写真に撮り忘れてしまいましたが燃焼後は真っ白な灰がほんの少量だけ残るような状態でした。
とにかく良く燃えます。ある程度大きな鍋を使っても小枝だけで調理が可能です、
折畳めばA5に収まるサイズです。

2016-06-18 19.24.22

2016-06-18 19.24.17
2016-06-18 19.25.13RIMG0469RIMG0468

試作品のスペック
フレームその他の材質:SUS304
外周、内周の薄板:チタン
重量:436g

フレームもチタンで製造した場合の予想重量280g

20160605源流単独野営釣行

RIMG0499
某有名渓流で単独野営釣行をしてきました
林道に車を停めて歩く事2時間、テン場までは川通しで約2時間
途中からバックパックのまま竿を出したので実際は川通しで4時間弱掛かり合計6時間
テン場に着いたのは午後になってからでした。
日曜日でしたが車止めにはバイク一台だけ、川での先行者は確認出来ませんでした
魚影はありますが流石に有名渓流だけあって渓魚はすれっからし、
前日土曜日に散々荒らされた感じです。
ここのところの少雨で渇水気味なのも響いているはず。
一度出たら二度目はありません、一発勝負でポチポチ釣りあげるという感じでした。

RIMG0494
RIMG0495
一人の林道歩きは退屈、ちょっとした見晴らしポイント

RIMG0496
林道の崩落ポイント、一応トラロープが掛かってはいるが足元がサラサラ砂礫で信用ならず利用は控えるべき。
手前に赤テープがあってそこから巻き道が付いているので迂回が賢明です。

RIMG0497
有名な堰堤景色。

RIMG0501
この渓流は水がキレイなことで知られています、どこまでも透けて見えるのでそもそも渓魚は神経質。

RIMG0502
実はここのテン場は初めてなのですが、雑誌などで見ているのでちょっとした既視感が、
ああ、服部(文祥)さんここにロープかけてタープ張ったのね、なんて思ったり。

RIMG0507
農ポリタープとRSRペンタシェルター(仮)を張ったら、米を水に漬けて、ビールを川に入れてRSRストーブでサクッと湯沸ししてカップ麺とコンビニお握りで遅い昼食。

RIMG0504
テン場から見た二股、真ん中が下流へと続きます

RIMG0509
東俣を釣り上がります。

RIMG0521

神経質ですが魚影はそこそこあって次々に良型が上がります
RIMG0513
RIMG0519
一人の釣りを満喫したせいで全然歩が進まず滝を見ずにテン場に戻りました。

RIMG0523
冷やしてあったビールで一人乾杯
バドワイザーなんていつ以来だろう、いつもは飲まない銘柄なんだけど

RIMG0525
空缶カップを作ると見栄えが良かろう思い購入した次第

RIMG0526
適当に枯れ枝を集め

RIMG0529
先ずはRSRネイチャーストーブ(試作品)で炊飯。
今回はソロなのでラージメスティンを持ってきた、メスティンは四角で仕舞が良いのだが、焚火に直接掛けると持ち手の樹脂が溶ける可能性があります。
しかし、RSRネイチャーストーブを使えば心配ご無用、
火の大きさを制御出来るというのもネイチャーストーブの利点ですね。

RIMG0527
炊き上がったら残った火だねを残置石カマドに移すと直ぐに本格的な焚火が出来ます。火熾し簡単で楽チン。

RIMG0530

RIMG0533
味噌漬けイワナを焼いて、マイブーム(死語?)の塩こぶスルメご飯といただく。

RIMG0535
テン場に落ちていたサビサビの焼き網を有効利用

RIMG0544
暗くなったら焚火を弄りながら酒を飲む。

RIMG0539

ああ、そうだった今回初めて試した防水ソックスDexShell Thermlite
内側からメリノウール、透湿素材ポレールメンブレン、対摩耗性ナイロンの3層構造
これを履けばテン場用履き替えシューズが要らない。
荷物も減るし足元快適。これ大事。
2016-05-25 18.55.08

RIMG0538
一人だし焚火前で自撮り、ちょっと怖い。

RIMG0546
雨は降りそうもないね、もう寝よう。

RIMG0548
昨晩のお宿はこちら。開発中のRSRペンタシェルターはスカート部分が一部メッシュになっていて頂点にはベンチレーターがあるので湿気が抜けて快適。結露も少ない。

2016-06-14 09.46.46
透湿素材のビビィも使うのだけど、実際のところ足元がかなり結露します。
仕舞寸法を比べても優っているので最近単独野営の場合はシェルターを使っています。

RIMG0549
ネイチャーストーブで湯沸しして

RIMG0550 RIMG0552
朝コーヒーが美味い。

RIMG0557
テン場をばらして、パッキングを済ませたら

RIMG0558
残りご飯で作ったお握りと味噌漬け焼きイワナを昼飯用に持って

RIMG0564
今日は西俣を釣ります

RIMG0561
こっちの方が型が小さいかな

RIMG0565

晴れてはいるけど雨になりそうな雲行きになって来たので早めに帰ろう。

と言っても車止めまで俺の脚では4時間かかる。。

焚火飯レシピメモ2 塩こぶスルメご飯

焚火飯レシピメモ2

渓に入る時はなるべく背負う重量を軽くしたいので持ち込む装備を厳選します、その際の選定ポイントにマルチユースが挙げられます、つまり1つで2つ以上の役割を担うということです。
それはなにも道具にだけ当てはまることではありません、食材についても複数の利用法があれば負担軽減になりえるハズです。今回のレシピはおつまみとして持って行くスルメと塩こぶを使って

塩こぶスルメご飯

2016-05-25 12.05.28

材料

・無洗米
・塩こぶ
・スルメ
・お酒

2016-05-25 10.43.02

塩こぶとスルメはどちらも乾燥しているので重さも軽く日持ちがしますし嵩張らないので渓に持って行くには適した食材です。
また、基本的には両方ともダシの塊ですから酒のおつまみとしての実力は折り紙つき。

◆作り方

_RIMG0385
スルメを小さく切って少量のお酒に漬けて置きます。

RIMG0426
鍋に米と適量の水をいれ軽く混ぜて30分以上置きます。
その間にRSRネイチャーストーブ等で焚火を熾します。

2016-05-25 11.34.24
塩こぶとお酒に漬けておいたスルメをお酒ごと鍋に入れます。

_RIMG0388
普通に炊きます。

_RIMG0394
出来上がり。

味付けは塩こぶのみ。こぶとスルメからダシ(うま味)が出て炊きこみご飯としてもかなりの高得点メニューだと思います。
万が一イワナが釣れなくてもこれと適当な山菜味噌汁があればテン場の夜は何とかなります。

◆自宅でRSRストーブを使って再現。やっぱり美味い。
2016-05-25 11.35.39
2016-05-25 12.05.23