Tetra Stand

RSRストーブ専用ゴトク Tetra StandはTetra Dripのデザインを発展させアルコールストーブ用に修正して出来た製品です。基本デザインをMUNIEQさんに依頼し、その後RSRストーブの機能を効果的に発揮させるためのプロトタイプテストを経て、RSR(河野辺元康)が細部のデザイン修正を行い完成いたしました。

試作品

完成品

三枚の板を斜めに組み合わせることで独特なフォルムを持ったTetraDripを一目見たときから これはRSRストーブのゴトクになりそう と感じていましたが、MUNIEQさんから基本デザインの提供を受け試作をしてみたとろRSRストーブの特徴であるトルネード燃焼が乱れがちになるのでしばらく製品化を見送っていました。

従来のRSRストーブ用ゴトクではストーブ筐体の周囲にチタンフォイルを使って円形の風洞(風防)を作りトルネード燃焼に適した空気の流れを生み出していましたが、Tetra構造ではどうしても空気の流れに乱れが生じるらしいのです。
完成品はストーブ筐体の横下にあたる部分に三角形の穴を開けることで、燃焼に必要な空気の流れを作っています。
これにより従来型のゴトクには及びませんが満足できるトルネード燃焼を得ることができるようになりました。


しかし、Tetra Standは風防兼用なため従来のゴトクにくらべセッティングが楽なことや、逆さにすることで小径のカップ(例:snow peak 450等)で使用可能になるなどメリットが多い製品です。そもそも完璧なフォルムのトルネード燃焼は風のある屋外では見ることはできませんので、フィールドでの実使用を考えるとTetra Standが今後のRSRストーブのメインゴトクになる製品だと言えます。

スペック:
一枚 縦76mm 横130mm
展開時 縦114mm 横130mm 高さ72mm
重さ 38g
材質 チタンTP340

メスティンスモールに入れるとこんな感じ

メスティンスモールを掛けるとこんな感じ

※ご注意:現時点は従来の火力調整リング(弱火)と消火用蓋がTetra Standと干渉してしまうので利用できません。代替製品を企画中ですので完成までしばらくお待ちいただくことになります。

Tetra Standの購入はこちらよりお願いいたします。