RSR Backpack CZ35
(センタージップ)

img_3247

オプションのサブバック7Lとロッドフォルダー(ボトルフォルダー)を追加した様子

女性が背負った場合



rimg0704

RSRバックパックCZ35は源流野営釣行で考えられるあらゆるシーンに適応するべくデザインされたバックパックです。
防水で軽量かつ強靭な素材であるX-Pacを使い、かまぼこ型の断面でそっけないほど平滑な表面をしていますが、これは藪こぎでの引っかかりを可能な限り防ぐため余分な要素をそぎ落とした結果です。

源流釣行にウルトラライト(超軽量)なハイキングギアを導入する場合、特にバックパックには注意が必要だと考えます。従前のウルトラライトなバックパックの多くは整備されたアメリカのロングトレイルを移動することを主目的として開発された経緯がありますので、日本の源流釣行の環境(オフトレイル)に必ずしも合致するわけではないからです。

本体販売価格:23,000円(税抜)
本体容量:約35L
本体重量:480g
背面長:50cm(Mサイズ) ・48cm(Sサイズは受注生産)
材質:X-Pac VX21HS ストレート・グレー
材質:X-Pac VX21S コヨーテ・ブラウン (グレーより生地が柔らかい)

rimg0698

最小の表面要素として両サイドに二列のディジーチェーンストラップを設けており、ここに各種のオプションを取りつけることで多様な局面をカバ ーします。
rimg0700 rimg0699

このバックパックの最大の特徴は背負う面に設けられた止水ジッパーです、これによりバックパックの何処に仕舞いこんだ荷物も簡単に取り出すこ とができます、この位置に取り出し口があると濡れた地面にバックパックを置いたとしても背負う面を濡らすことなく中身を取りせるのです。また 素材のX-pacは防水性があるので多少の降雨でも中身が濡れません。(縫い目がシールされていませんので完全防水ではありません)

rimg0710

img_3171

背負う面にジッパーがあると背中に当たるのではないかと思うかもしれませんが、背負う面は縦に4分割されていて左右外側にだけプラダンフレームが仕込まれており、フレームの無いジッパーを中心とした内側左右の部分は微妙に凹んでいるため背中でジッパーを感じることは無いでしょう。
プラダンフレームはバックパックの内側のポケットから抜き差しが可能で、プラダンの中心に入れられたアルミを曲げることで背中の湾曲にフィットさせることが出来ます。

rimg0702
img_3159img_3161img_3163img_3175img_3222 img_3223 img_3225

コヨーテ・ブラウン
rimg0726 rimg0727 rimg0731 rimg0732

オプションのワンショルダーサブバック(Optinal Center Pack 7) 容量:約7L
野営地に着いたらバックパック本体をデポしてこのサブバックのみを持って釣りに出かけます。
販売価格:7,000円(税抜)
img_3176 img_3183
rimg0738

ショックコードに付いた2穴コードロックをバックパック本体のディジーチェーンストラップにくぐらせることでサブバッグを取り付けることが出来ます
rimg0714rimg0715

img_3259

サブバッグ単体で利用する場合

ストラップに6箇所固定し、さらにショルダーストラップをバックパック本体の上部ストラップにくぐらせることでサブバッグの脱落はなくなります
rimg0736




オプションのウェストパックは本体に取り付けてウェストベルトとして使用することや、外して単体で使用することも可能です。
販売価格:6,000円(税抜)