RSR Backpack CZ35
(センタージップ)

img_3247

オプションのサブバック7Lとロッドフォルダー(ボトルフォルダー)を追加した様子

女性が背負った場合



rimg0704

RSRバックパックCZ35は源流野営釣行で考えられるあらゆるシーンに適応するべくデザインされたバックパックです。
防水で軽量かつ強靭な素材であるX-Pacを使い、かまぼこ型の断面でそっけないほど平滑な表面をしていますが、これは藪こぎでの引っかかりを可能な限り防ぐため余分な要素をそぎ落とした結果です。

源流釣行にウルトラライト(超軽量)なハイキングギアを導入する場合、特にバックパックには注意が必要だと考えます。従前のウルトラライトなバックパックの多くは整備されたアメリカのロングトレイルを移動することを主目的として開発された経緯がありますので、日本の源流釣行の環境(オフトレイル)に必ずしも合致するわけではないからです。

本体販売価格:23,000円(税抜)
本体容量:約35L
本体重量:480g
背面長:50cm(Mサイズ) ・48cm(Sサイズは受注生産)
材質:X-Pac VX21HS ストレート・グレー
材質:X-Pac VX21S コヨーテ・ブラウン (グレーより生地が柔らかい)

rimg0698

最小の表面要素として両サイドに二列のディジーチェーンストラップを設けており、ここに各種のオプションを取りつけることで多様な局面をカバ ーします。
rimg0700 rimg0699

このバックパックの最大の特徴は背負う面に設けられた止水ジッパーです、これによりバックパックの何処に仕舞いこんだ荷物も簡単に取り出すこ とができます、この位置に取り出し口があると濡れた地面にバックパックを置いたとしても背負う面を濡らすことなく中身を取りせるのです。また 素材のX-pacは防水性があるので多少の降雨でも中身が濡れません。(縫い目がシールされていませんので完全防水ではありません)

rimg0710

img_3171

背負う面にジッパーがあると背中に当たるのではないかと思うかもしれませんが、背負う面は縦に4分割されていて左右外側にだけプラダンフレームが仕込まれており、フレームの無いジッパーを中心とした内側左右の部分は微妙に凹んでいるため背中でジッパーを感じることは無いでしょう。
プラダンフレームはバックパックの内側のポケットから抜き差しが可能で、プラダンの中心に入れられたアルミを曲げることで背中の湾曲にフィットさせることが出来ます。

rimg0702
img_3159img_3161img_3163img_3175img_3222 img_3223 img_3225

コヨーテ・ブラウン
rimg0726 rimg0727 rimg0731 rimg0732

オプションのワンショルダーサブバック(Optinal Center Pack 7) 容量:約7L
野営地に着いたらバックパック本体をデポしてこのサブバックのみを持って釣りに出かけます。
販売価格:7,000円(税抜)
img_3176 img_3183
rimg0738

ショックコードに付いた2穴コードロックをバックパック本体のディジーチェーンストラップにくぐらせることでサブバッグを取り付けることが出来ます
rimg0714rimg0715

img_3259

サブバッグ単体で利用する場合

ストラップに6箇所固定し、さらにショルダーストラップをバックパック本体の上部ストラップにくぐらせることでサブバッグの脱落はなくなります
rimg0736




オプションのウェストパックは本体に取り付けてウェストベルトとして使用することや、外して単体で使用することも可能です。
販売価格:6,000円(税抜)

折畳み式ウッドストーブの試作品その2

開発中の折畳み式ウッドストーブの燃焼試験をしました。
前回のバージョンから大きな進化を遂げ、壁を2重構造にしています。
中空壁の中を暖まった空気が上昇し内壁上部にある穴から噴出し二次燃焼を促します、
少量の薪で高火力&完全燃焼するために煤があまり出ません
写真に撮り忘れてしまいましたが燃焼後は真っ白な灰がほんの少量だけ残るような状態でした。
とにかく良く燃えます。ある程度大きな鍋を使っても小枝だけで調理が可能です、
折畳めばA5に収まるサイズです。

2016-06-18 19.24.22

2016-06-18 19.24.17
2016-06-18 19.25.13RIMG0469RIMG0468

試作品のスペック
フレームその他の材質:SUS304
外周、内周の薄板:チタン
重量:436g

フレームもチタンで製造した場合の予想重量280g

源流野営釣行のすすめ 3

前回は野営装備(就寝関係)について書きましたが、今回は火器&クッカー関係について書きます。今回も内容は完全に私見なので異なる意見の方も居るとは思いますがご了承ください。単独野営の場合の装備です。

IMG_3025

1.焚火缶(中)
2.焚火缶(小)
3.折畳焚火台 RSR Naturestove
4.シェラカップ
5.カトラリー
6.燃料ボトル
7.アルコールストーブ RSR Stove
8.ライター
9.火ばさみ+パンハンドラー
10.ノコギリ

1.2.焚火缶
アルミ製で熱伝導がよく軽くて安価で焚火で煮炊きするには最適のクッカーです。吊り下げてつかえる弦が付いています。いわゆるビリー缶と言われているモノの代替品、DUGブランドの日本製です。本家ビリー缶はイギリスのホットン社製でブルドックの印が入っています。
文字通り焚火に掛けて飯炊きや汁モノの他、沸かした湯に荒挽きの粉を直接ぶち込んで作るカーボウイスタイル(※)のコーヒーに使います。
※カーボウイスタイルコーヒーは多人数で野営する際に行うやり方で多人数に暖かいコーヒーを同時に提供出来る利点がありますが、コーヒーの粉を早く沈殿させるためにビリー缶の弦部分を持って20回ほど振り回す必要があり、慣れない人がやると失敗して大切なコーヒーをこぼし仲間にひんしゅくを買うので注意が必要です(笑)。

_1010870

3.RSR Naturestove(超軽量チタン製折畳焚火台)
今となっては私の単独野営に欠かせない装備です。源流野営に焚火は必須なのですが、地面や薪が湿っているなど野営地環境に左右されて焚火を熾すまでに苦労することがまま有り、特に単独野営の場合には仲間との作業分担が出来ないので、日没までに焚火を熾せないとえらいことになります。ですので確実に焚火が確保できる焚火台を持っているという安心感は大きいです、重さはたったの160g、バラせばA5サイズのポーチに収納出来ますのでバックパックの中でもスペースを取りません。
また、クッカーを掛けるゴトクしての用途も大切です。焚火にクッカーを掛ける場合パーセルトレンチグリルというステンレスパイプで出来たはしご状のグリルが良く使われますが、それには脚になる部分がなく通常太めの丸太を左右に置いてその間に掛けて使用します。運よく同じ太さで真っ直ぐな丸太を調達出来れば水平を保ってクッカーを置く事ができますが、そんなことは稀で大体斜めに傾いた不安定な状態でクッカーを置く事になります。また土台の丸太が燃えることでバランスが崩れクッカーが倒れて中身の汁モノを焚火にぶちまけるというのはパーセルトレンチユーザーなら一度は体験していると思います。その点、焚火台のゴトクとしての安定感は抜群です。火が点いていなければゴトクの上にまな板を載せて小さなテーブルとして使用するすることも可能です。
_1010867

4.シェラカップ
チタン製で持ち手が折畳みのタイプを使っています。ご飯やオカズの取り皿としてや酒を飲む時のカップとして使用します、コーヒーや燗酒が冷えてしまった時は直接火に掛けることができるので便利です。

5.カトラリー
チタン製折畳み式のフォークとスプーンです。クッカーの中に収納が可能です。チタン製は口の中に入れた時の違和感が少ないので良いと思います。

6.燃料ボトル
アルコールストーブ用のポリプロピレン製ボトルです。およそ100ml入ります。薪に少量のアルコールを掛けて着火剤とすることがあります。

7.RSR Stove
アルミ合金削り出しで製作したトルネードジェット式のストーブでアルコール燃料火器の中では最強ランクの火力だと思われます。RSR Naturestoveと組み合わせて使うことができます。
IMG_3048

8.ライター
標高2000m以下であれば私はターボライターが使いやすいと思います。ライターのボディーに布ガムテープをぐるぐる巻きにしています、ガムテープは焚火の着火剤として利用します。
万が一のためにターボライターの他にフリント式ライターや防水マッチなどを予備として持つ事をお勧めします。

9.火ばさみ+パンハンドラー
MSR製のパンハンドラー(鍋つかみ)にブリキ製トングを合体させたモノです。焚火を触るには火ばさみは必須ですがパンハンドラーを持参する人は案外少ないと思います、しかし有るとやはり便利です。トングと一体化することで無くす心配もなくなりました。2つ持つよりも合計重量が減るのでお勧めの改造です。
2014-10-21 14.22.12

10.ノコギリ
焚火をするなら絶対必携の道具です。欧米のサイト等でブッシュクラフトについて語られる時、かならずナイフが一番に取り上げられノコギリは軽視されがちですが、実際のところナイフで枝を切ったりしていたらあっという間に日が暮れてしまうと思うのですがどうなんでしょう!?また、使い勝手が極めて悪いチェーン式のノコギリとかをレビューしているのを見ると、ロマンだけでは野営は出来ないぜとか思ってしまいます(笑)
日本製の替刃式ノコギリは切れ味が抜群です。しかし既製品は樹脂製の持ち手が重かったり自然にそぐわない色見だったりして今一つ触手が伸びませんでした、今では持ち手を木製で自作して使っています。
2015-05-29 12.31.17


源流野営釣行のすすめ 1
源流野営釣行のすすめ 2

RSRストーブ用収納袋

サルパウチさんにお願いして製作していただいたRSRストーブ用の収納袋です。

RSRストーブ、簡易風防、燃料ボトル、折畳み式ゴトクを一括収納できます。
内側にゴトク専用のポケットが付いているのでガタつかず一式をクッカーに入れ込むことが可能です。
ポケットは底面をD型にすることで平面になっています。これにより、円筒の湾曲部分にこしらえたポケットと違い、平面的なものもしっかりと収納するスペースを確保しています。
本体は道具の出し入れがわずらわしくないように、ぴったりすぎない余裕のあるサイズ。
デザインと縫製をサルパウチさんに依頼してるコラボ商品でRSRとサルパウチ両方のロゴがプリントされています。
さすが出来が良いことで評判のサルパウチ製、非常に手間をかけた贅沢な作りです。

naturestove1_4 RIMG0492 RIMG0491 RIMG0490 RIMG0493

アルコールストーブ着火に適したライター

 

2015-05-26 16.10.03RSR Stoveに着火する時、フリント式ガスライターを使うと親指に炎がかかって熱い思いをしますので通常私はソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1]という火口が伸びるライターを使っているのですが、十字ゴトク&JBコンパニオンカップのペアで使用する時にサイズが大きくカップ内に仕舞うことができませんでした。
そこでこのところターボ式のライターで寸法が小さい物を探していたのですが遂に見つけました。しかもダイソーで(笑)。
2015-05-26 16.09.31
2015-05-26 16.08.37
これは良いですよ着火ボタンを親指で押しこむと火口の蓋が起き上がって盾になってくれます。ちょっとしたギミックですがこれにより斜め下45度に傾けても親指が熱くなることはありません。一つだけ残念なのは使い捨てなのでガス注入して使い続けることが出来ないことです、でも108円ですからね仕方が無いでしょう。本日まとめ買いして来ました。
2015-06-02 13.57.07
ライターに布ガムテープを巻くのは沢屋(渓泊で焚火をする人達)にとっては常識みたいです。ガムテープは焚火の着火剤になるし、ちょとした修復にも使えるので便利です。

注意:私は通常アルコールストーブを渓で使うので標高2000mに達することが無く問題ありませんが、登山で使う場合は注意が必要です。電子着火式のライターは標高2000mでは着火出来ない可能性が高いです。予備で防水マッチ等を持つことをお勧めします。

追記1.
高高度着火ライターWINDMILL(ウィンドミル) 内燃式ガスライター HAL クローム W02-0002というのは3000mでも着火するらしい。買ってみようかな。
追記1.1
WINDMILL HAL 2700mで着火しなかったという例が報告されました。ご注意。

追記2.
fireSLEEVE という使い捨てライターのゴム製ケースをオーダーしてみました。
ケースの一部を伸ばしてガス出しボタンを押さえる方式でガスを出しっぱなしにできるものです。その状態でライターの下の方を掴めばアルコールストーブに着火する時も指が熱くならないという。

RSR十字ゴトク

RSR Stoveヘビーユーザーさんからゴトクを組み立てたままでクッカーに仕舞いたいという要望がありましたので新たに十字ゴトクを開発をしてみました
JETBOILコンパニオンカップにぴったりサイズです。
RIMG0200
RIMG0207 RIMG0209

RSR Stoveと50ml燃料ボトルを中心に入れてライターと折りたたみスプーンを入れててもまだ上部に空間があるので、台所にあったタッパー(佃煮の空きタッパー)にチリトマトリゾットを入れて(これが奇跡的に容量ピッタリ)野外に持ち出して昼食にしました。

RIMG0196 RIMG0198 RIMG0201
ヒートエクスチェンジャー付のクッカーに水200mlとリゾットを入れスプーンで良くかき混ぜて火にかけます。あっという間に沸騰します。20秒ほど沸騰させて火から下ろし蓋をしたまましばし蒸らせば完成。
クッカーの中に食料、燃料、火器、武器すべて収納できる最速のアウトドア昼食セット完成です。
(参考までに室内での給湯テストでは水200ml 20℃から95℃までの時間が1分52秒でした)
RIMG0202 RIMG0203RIMG0204
RIMG0205
IMG_2651もし野外でヒートエクスチェンジャー付きのクッカーを使う場合は、急激に吹いてくる風を想定し予めコジーの裾をめくって置くことをお勧めします。如何にRSR Stoveの炎がJET噴射すると言っても所詮はアルコールストーブです。ヒートエクスチェンジャーの蛇腹部分から風に煽られた炎が吹き出しコジーを焦がす可能性があります。
また、当該ヒートエクスチェンジャー付きクッカーはアルコールストーブでの使用を前提に作られていないようですので、ご使用にあたっては必ず自己責任でお願いいたします。

源流野営釣行のすすめ2

前回は源流フライフィッシングの足周りの装備に関して書きましたが、今回は源流野営(就寝)装備について書きます。今回も内容は完全に私見なので異なる意見の方も居るとは思いますがご了承ください。

対象にする時期はGW明けから梅雨前くらい。場所は関東周辺で標高約1000m、周辺には雪渓あり。といった感じ。山は山菜が真っ盛り、朝は水温が低くイワナの活性も低いが昼前くらいからドライフライで良い感じの釣りが可能、という状況を想定しています。

RIMG0213
1.マットレス THERMAREST Z Lite Sol
2.グランドシート 撥水加工ナイロン 100mm x 200mm
3.ヴィビィサック OR HELIUM BIVY
4.シュラフ モンベル#3
5.ダウンジャケット 薄手
6.ダウンパンツ 薄手
7.ヘッドライト 単3電池1個タイプ
8.エアピロー 空気で膨らませる枕

農ポリタープ(※)の下でゴロ寝する時に必要な装備はこんなところです。
ナイロンのグランドシートは大雨の時下から水が染みてくる可能性があるかもしれませんが、シュラフの外側はヴィビィがあるのであまり気にしません。先日、日暮里の繊維問屋で仕入れた撥水加工ナイロンの端切れをグランドシートとして試しているところなのです、そこそこ軽いしアースカラーがテン場の雰囲気にも合っていると思うので問題が見つかるまで暫く使ってみるつもりです。
シュラフは一昨年同じ環境でモンベル#5で臨んだところ、朝方に耐えられない寒さで眠れなくなってしまったので#3に格上げ。
因みに私は寒がりです。

P1020373※農ポリタープとは農業用ポリシート(0.05mm)を利用したタープのことです、農業用だけあって軽くて強度がありタープの下で気兼ねなく焚火が出来るのが魅力です。


源流野営釣行のすすめ1
源流野営釣行のすすめ3