20160605源流単独野営釣行

RIMG0499
某有名渓流で単独野営釣行をしてきました
林道に車を停めて歩く事2時間、テン場までは川通しで約2時間
途中からバックパックのまま竿を出したので実際は川通しで4時間弱掛かり合計6時間
テン場に着いたのは午後になってからでした。
日曜日でしたが車止めにはバイク一台だけ、川での先行者は確認出来ませんでした
魚影はありますが流石に有名渓流だけあって渓魚はすれっからし、
前日土曜日に散々荒らされた感じです。
ここのところの少雨で渇水気味なのも響いているはず。
一度出たら二度目はありません、一発勝負でポチポチ釣りあげるという感じでした。

RIMG0494
RIMG0495
一人の林道歩きは退屈、ちょっとした見晴らしポイント

RIMG0496
林道の崩落ポイント、一応トラロープが掛かってはいるが足元がサラサラ砂礫で信用ならず利用は控えるべき。
手前に赤テープがあってそこから巻き道が付いているので迂回が賢明です。

RIMG0497
有名な堰堤景色。

RIMG0501
この渓流は水がキレイなことで知られています、どこまでも透けて見えるのでそもそも渓魚は神経質。

RIMG0502
実はここのテン場は初めてなのですが、雑誌などで見ているのでちょっとした既視感が、
ああ、服部(文祥)さんここにロープかけてタープ張ったのね、なんて思ったり。

RIMG0507
農ポリタープとRSRペンタシェルター(仮)を張ったら、米を水に漬けて、ビールを川に入れてRSRストーブでサクッと湯沸ししてカップ麺とコンビニお握りで遅い昼食。

RIMG0504
テン場から見た二股、真ん中が下流へと続きます

RIMG0509
東俣を釣り上がります。

RIMG0521

神経質ですが魚影はそこそこあって次々に良型が上がります
RIMG0513
RIMG0519
一人の釣りを満喫したせいで全然歩が進まず滝を見ずにテン場に戻りました。

RIMG0523
冷やしてあったビールで一人乾杯
バドワイザーなんていつ以来だろう、いつもは飲まない銘柄なんだけど

RIMG0525
空缶カップを作ると見栄えが良かろう思い購入した次第

RIMG0526
適当に枯れ枝を集め

RIMG0529
先ずはRSRネイチャーストーブ(試作品)で炊飯。
今回はソロなのでラージメスティンを持ってきた、メスティンは四角で仕舞が良いのだが、焚火に直接掛けると持ち手の樹脂が溶ける可能性があります。
しかし、RSRネイチャーストーブを使えば心配ご無用、
火の大きさを制御出来るというのもネイチャーストーブの利点ですね。

RIMG0527
炊き上がったら残った火だねを残置石カマドに移すと直ぐに本格的な焚火が出来ます。火熾し簡単で楽チン。

RIMG0530

RIMG0533
味噌漬けイワナを焼いて、マイブーム(死語?)の塩こぶスルメご飯といただく。

RIMG0535
テン場に落ちていたサビサビの焼き網を有効利用

RIMG0544
暗くなったら焚火を弄りながら酒を飲む。

RIMG0539

ああ、そうだった今回初めて試した防水ソックスDexShell Thermlite
内側からメリノウール、透湿素材ポレールメンブレン、対摩耗性ナイロンの3層構造
これを履けばテン場用履き替えシューズが要らない。
荷物も減るし足元快適。これ大事。
2016-05-25 18.55.08

RIMG0538
一人だし焚火前で自撮り、ちょっと怖い。

RIMG0546
雨は降りそうもないね、もう寝よう。

RIMG0548
昨晩のお宿はこちら。開発中のRSRペンタシェルターはスカート部分が一部メッシュになっていて頂点にはベンチレーターがあるので湿気が抜けて快適。結露も少ない。

2016-06-14 09.46.46
透湿素材のビビィも使うのだけど、実際のところ足元がかなり結露します。
仕舞寸法を比べても優っているので最近単独野営の場合はシェルターを使っています。

RIMG0549
ネイチャーストーブで湯沸しして

RIMG0550 RIMG0552
朝コーヒーが美味い。

RIMG0557
テン場をばらして、パッキングを済ませたら

RIMG0558
残りご飯で作ったお握りと味噌漬け焼きイワナを昼飯用に持って

RIMG0564
今日は西俣を釣ります

RIMG0561
こっちの方が型が小さいかな

RIMG0565

晴れてはいるけど雨になりそうな雲行きになって来たので早めに帰ろう。

と言っても車止めまで俺の脚では4時間かかる。。

20160110単独野営

定期的な孤独補充と焚火を楽しむため野営をしてきました。

_2016-01-10 13.41.51

昼間のうちに以前より目を付けていたポイントで野生のクレソンを採取、スーパーで豚バラ他を購入しテン場に急ぎます。
荷物を置いたら先ず冬の川を見ながらビールを。

2016-01-10 15.31.31

サンプルテスト中のペンタシェルターを立ち上げたら、米を水に漬け、クレソンの下処理をし薪集めをする。

_RIMG0383

焚火を始めると直ぐに辺りは暗くなって

_RIMG0389

先ずはRSRネイチャーストーブで飯炊き

_RIMG0388

炊き上がったら火から下して蒸らしに入る
その間にクレソン鍋を作る。中華スープに材料を入れるだけなので簡単です。

_RIMG0397

はいいただきます。

_2016-01-10 18.23.38
_RIMG0394

飯食ったら焚火を見ながら一人ウイスキー。

_2016-01-10 20.34.05

このひと時が最高の贅沢。

RIMG0399

測ってないけど多分気温は氷点下。
でもシェルターと冬用ダウンシュラフがあれば大丈夫。

_RIMG0413

起きたら焚火も消えていたのでネイチャーストーブRSR Stoveを組み合わせて湯沸し。

RIMG0409

コーヒーを飲みながら焚火を復活させ
昨晩の残り物を温めていただく。

RIMG0415
RIMG0419

コーヒーをもう一杯飲んだら撤収
単独野営は持ち物が少ないので簡単に片付いた。

_RIMG0421

源流野営釣行のすすめ 3

前回は野営装備(就寝関係)について書きましたが、今回は火器&クッカー関係について書きます。今回も内容は完全に私見なので異なる意見の方も居るとは思いますがご了承ください。単独野営の場合の装備です。

IMG_3025

1.焚火缶(中)
2.焚火缶(小)
3.折畳焚火台 RSR Naturestove
4.シェラカップ
5.カトラリー
6.燃料ボトル
7.アルコールストーブ RSR Stove
8.ライター
9.火ばさみ+パンハンドラー
10.ノコギリ

1.2.焚火缶
アルミ製で熱伝導がよく軽くて安価で焚火で煮炊きするには最適のクッカーです。吊り下げてつかえる弦が付いています。いわゆるビリー缶と言われているモノの代替品、DUGブランドの日本製です。本家ビリー缶はイギリスのホットン社製でブルドックの印が入っています。
文字通り焚火に掛けて飯炊きや汁モノの他、沸かした湯に荒挽きの粉を直接ぶち込んで作るカーボウイスタイル(※)のコーヒーに使います。
※カーボウイスタイルコーヒーは多人数で野営する際に行うやり方で多人数に暖かいコーヒーを同時に提供出来る利点がありますが、コーヒーの粉を早く沈殿させるためにビリー缶の弦部分を持って20回ほど振り回す必要があり、慣れない人がやると失敗して大切なコーヒーをこぼし仲間にひんしゅくを買うので注意が必要です(笑)。

_1010870

3.RSR Naturestove(超軽量チタン製折畳焚火台)
今となっては私の単独野営に欠かせない装備です。源流野営に焚火は必須なのですが、地面や薪が湿っているなど野営地環境に左右されて焚火を熾すまでに苦労することがまま有り、特に単独野営の場合には仲間との作業分担が出来ないので、日没までに焚火を熾せないとえらいことになります。ですので確実に焚火が確保できる焚火台を持っているという安心感は大きいです、重さはたったの160g、バラせばA5サイズのポーチに収納出来ますのでバックパックの中でもスペースを取りません。
また、クッカーを掛けるゴトクしての用途も大切です。焚火にクッカーを掛ける場合パーセルトレンチグリルというステンレスパイプで出来たはしご状のグリルが良く使われますが、それには脚になる部分がなく通常太めの丸太を左右に置いてその間に掛けて使用します。運よく同じ太さで真っ直ぐな丸太を調達出来れば水平を保ってクッカーを置く事ができますが、そんなことは稀で大体斜めに傾いた不安定な状態でクッカーを置く事になります。また土台の丸太が燃えることでバランスが崩れクッカーが倒れて中身の汁モノを焚火にぶちまけるというのはパーセルトレンチユーザーなら一度は体験していると思います。その点、焚火台のゴトクとしての安定感は抜群です。火が点いていなければゴトクの上にまな板を載せて小さなテーブルとして使用するすることも可能です。
_1010867

4.シェラカップ
チタン製で持ち手が折畳みのタイプを使っています。ご飯やオカズの取り皿としてや酒を飲む時のカップとして使用します、コーヒーや燗酒が冷えてしまった時は直接火に掛けることができるので便利です。

5.カトラリー
チタン製折畳み式のフォークとスプーンです。クッカーの中に収納が可能です。チタン製は口の中に入れた時の違和感が少ないので良いと思います。

6.燃料ボトル
アルコールストーブ用のポリプロピレン製ボトルです。およそ100ml入ります。薪に少量のアルコールを掛けて着火剤とすることがあります。

7.RSR Stove
アルミ合金削り出しで製作したトルネードジェット式のストーブでアルコール燃料火器の中では最強ランクの火力だと思われます。RSR Naturestoveと組み合わせて使うことができます。
IMG_3048

8.ライター
標高2000m以下であれば私はターボライターが使いやすいと思います。ライターのボディーに布ガムテープをぐるぐる巻きにしています、ガムテープは焚火の着火剤として利用します。
万が一のためにターボライターの他にフリント式ライターや防水マッチなどを予備として持つ事をお勧めします。

9.火ばさみ+パンハンドラー
MSR製のパンハンドラー(鍋つかみ)にブリキ製トングを合体させたモノです。焚火を触るには火ばさみは必須ですがパンハンドラーを持参する人は案外少ないと思います、しかし有るとやはり便利です。トングと一体化することで無くす心配もなくなりました。2つ持つよりも合計重量が減るのでお勧めの改造です。
2014-10-21 14.22.12

10.ノコギリ
焚火をするなら絶対必携の道具です。欧米のサイト等でブッシュクラフトについて語られる時、かならずナイフが一番に取り上げられノコギリは軽視されがちですが、実際のところナイフで枝を切ったりしていたらあっという間に日が暮れてしまうと思うのですがどうなんでしょう!?また、使い勝手が極めて悪いチェーン式のノコギリとかをレビューしているのを見ると、ロマンだけでは野営は出来ないぜとか思ってしまいます(笑)
日本製の替刃式ノコギリは切れ味が抜群です。しかし既製品は樹脂製の持ち手が重かったり自然にそぐわない色見だったりして今一つ触手が伸びませんでした、今では持ち手を木製で自作して使っています。
2015-05-29 12.31.17


源流野営釣行のすすめ 1
源流野営釣行のすすめ 2

20150906源流野営釣行

RIMG0343

今年の初秋はもういつから好天と出会っていないのか忘れるくらい雨降りが続いていますが、渓歩き師匠筋のSさんから久しぶりのお誘いを受けたので、私にとって初めての渓に同行させてもらいました。
昨年大病を患ったと聞いていたSさんとは二年ぶりの再会です、復活した今年は一昨年にもまして渓に入っているというのだから恐るべきアラ還と言うほかありません。
今回Sさんは日帰り、私は渓泊の予定です。

RIMG0345
IMGP4295

天気予報で今日は晴れるはずなのですが朝まで霧雨混じりで、泥濘の廃林道はところどころ身の丈ほどの笹藪におおわれていて全身濡れながら目的の渓を目指すことになりました。
Sさんはルートファインディングの達人、鹿道を繋いで独自に開拓したルートを驚異的な記憶力で辿ります。
ランドマークとなる対象があまりない渓において、景色の細部の違いを的確に記憶出来ることは特異な才能だと思います。Sさんはそんな才能をもった人です。

RIMG0346

Sさんのルートでテン場予定の支流出会に着くと私はバックパックを下しサブバックに釣り道具と昼食を詰めてSさんと一緒に釣り上がります。
ところが今日は不思議なほどイワナの活性が低いとSさん。
私の竿にも当たりが少なく、ようやくかなりの大物を掛けることが出来たと思ったら取り込み途中で逃げられる始末。
最初の一尾を手にしたのは開始三時間も過ぎ核心部に差し掛かった時でした。
その後は早めの昼食を挟んでポツポツと連れ続けましたが、期待したほどの釣果が無かったのは残念でした。

2015-09-05 11.35.39

2つの支流を探ってSさんとはお別れ、ひとりテン場にもどって野営の準備です。
今回は単独なので大きな焚火はせず、開発中のRSR ネイチャーストーブを使って焚火をしたいと思っています。
ところが雨続きの渓に乾いた枝は落ちておらずネイチャーストーブを使っても煮炊きには苦労をしました、着火こそ一発でしたが湿った枝は勢い良く燃えるまで時間がかかり、せっかく燃えだしたと思っても上から湿った枝を重ねることになるのでまた火力が落ちてしまうのです。しかし一旦火力が落ちても慌てて風を送りこんだりせずに放って置くと火床に熱がこもり出し再び燃え上がります。

RIMG0352
RIMG0353

飯を炊き岩魚ソテーをオカズで食べてビールとウイスキーを少し飲んだら一気に眠気が襲ってきたのでビビィに潜り込みました。
夜半は再び雨の予報だったのでそれなりに覚悟をしていたのですが幸いのことに降雨はなかったようで農ポリタープも濡れていません。
テン場の標高は1500m、朝の気温は12℃でしたが薄手のダウンシュラフを持って来ていたので寒がりの私でも快適でした。

RIMG0367
RIMG0357

RSRストーブで湯沸しをしてコーヒーを2杯飲みながら朝食を摂りテン場の片づけ、単独で荷物も少ないので簡単なものです。

RIMG0368

天気は明らかに下り坂、午後には降雨必至の状況なので今日はテン場の周辺を釣って後は廃林道まで続く支流を遡行しながら竿を出してみるつもりです。
結果、出ることは出ましたが小物ばかりでしたね。

2015-09-05 11.35.25

支流に掛かる橋から廃林道を辿れば車止めに着くのは前日Sさんに確認済みです、ただし前日の入渓で使っていないルートを辿ることになるので若干の不安もありました。でもまぁGPS(iPhoneアプリ)もあるので大丈夫だろと思っていたら不安が的中、ルートを見失い鹿道に導かれ藪に突入してしまいました。この廃林道は現行の地形図に掲載されていないので現在地は判るもののどちらの方向に先の廃林道があるのかが判りません。藪を直進し少し開けた尾根に出て周りを見渡し、いったん尾根を巻く感じで高度を保って進み始めましたがやはり何か違和感を感じます、現在地と川との高度差がありすぎるのではないか?と思い尾根を下りてみました。判断を間違った場合の登り返しは面倒だけれど時間も体力も余裕があるので大丈夫。
その後予想通り眼下に廃林道を発見しましたが最後の10mほどが急勾配の土壁になっていて手がかりもなく下りられません。仕方が無いので補助ロープとスリングの簡易ハーネスを使って懸垂下降しました。
その後は踏み跡もしっかりしていて緩やかな下りが続いたので車止めまで割と短時間で辿りつくことが出来たのです。

さぁ温泉入って帰ろう。

RIMG0369

おさらい。
Sさん所有の昭和47発行地形図には件の林道が記載されており、それによると私のルートミスが判りました。道を見失ったところで林道は大きくターンし高度を落としています。地図上ではルートを見失った距離は僅かですがそれが見渡しが効かない藪の中だったりすると案外時間と体力を消費して焦ったりするものです。今回は大きくルートを外す恐れのない場所だと判っていたので半ば強引に直進してショートカット出来るだろうと踏んだのですが、本来ならばロストした場所に戻り落ち着いて周りを見渡して本来のルートを見つけるべきなんでしょうね。

47地形図

20150606源流野営釣行 初渓魚ゲット編

源流野営フライ釣行は滅茶苦茶楽しいのだよ!と常日頃周囲に言い回っていると稀に興味を示してくれる人はいるもので、そのなかでもKさんは飛びきり激しく興味を示してくれた一人だった。
彼とは管理釣り場を含めて三回目の釣行、前回の山菜編でも一緒だったが残念ながら自分の手で天然渓魚を捕獲出来ておらず今回こそはと息巻いていた。

20150606_0

20150606_2

今年の五月は例年に無く雨が少ない。それが証拠にいつもの堰堤上は伏流となっていて水なしの川原を歩くことに。

20150606_3.1
20150606_3.1.1

ようやく水が出て来てフライを流し初めると直ぐにイワナがヒット、今日は活性が高い、良い釣りになりそうな予感。

20150606_3.2

一方Kさんはと見るとロッドも握らず大岩の上で呆然としているではないか。
訊くと崖を登る際の落石によりロッドを折ってしまったのとのこと!
楽しみにしていた二日間の釣行が開始数分でリタイア状態、顔面蒼白。
もうダメです、ノベさんの釣りを見ています。というので
それはいくらなんでも諦めが早すぎる、折れたロッドを見せて、直すから。と私。
(首尾よく直す自信があったわけではないがKさんの表情をみると自信たっぷりに言う他なかったw)

20150606_4

6PCグラスロッドのグリップから三番目のセクションが真ん中から真っ二つになっている。
すぐさまコンビニで貰った竹製の割りばしを折れたロッドの中に刺してみる、
これなら行けそうだ、割りばしをナイフで削ってロッドの内径に合わせ折れた部分の芯にすると
焚火の着火剤としてライターに巻きつけてあるガムテープを巻きつけて完成。
軽く振ってみると問題無くフライラインを飛ばすことが出来た。アクションの変化は否めないが十分釣りが出来るレベル。

20150606_5 20150606_6

その後は順調に釣り上がる。
二人の今夜のオカズ分のキープも出来たし、重いバックパックを背負っての釣りは結構しんどいのでポイントを飛ばして遡行し、正午過ぎにはテン場で昼食にしたいと思った。

20150606_8 20150606_9 20150606_11 20150606_12

ん?テン場に着くと何やらバックパックが2つ。
ガーン、先行者? テン場適地はここしかないしどうしたものか。
しかし良く見ると渓泊した後で片付けた風情もある。
しかもバックパックには見覚えが。。。

一先ずその場でカップ麺の昼食を済ますと、午前中の釣りで満足した私は先行者の帰還を待つことにして、Kさんには午後の釣りに行ってくるよう促した。

ほどなく先行者二名がテン場に戻って来た。案の定一名は知り合い(笑)
見立て通りこれから帰ると言うのでテン場を引き継ぐことが出来た。良かった。

20150606_13 20150606_14

Kさんも帰って来たところでタープ設営。薪を集めて幕営準備は完了。

20150606_15 20150606_16 20150606_17 20150606_18

杣工房早川親方にいただいた桐まな板でイワナをおろし刺身、蒲焼き。

20150606_19

酒も入って焚火を囲んだいつもの楽しい夜が更ける。

20150606_20 20150606_21

翌朝は残り物御飯にカレースープを入れたリゾット風とパンケーキ。コーヒー。

20150606_22 20150606_23

その後二手に分かれて釣り。
Kさんは淵で粘ってフライで天然渓魚を初ゲット!おめでとう。

20150606_24 20150606_25

充実した二日間に帰路の車中も意気揚々。さあ来週は何処に繰り出すか。

20150606_26

20150523源流野営釣行 山菜編

毎年この時期の楽しみは源流毛鉤釣仲間と行う「山菜&イワナ」の幕営釣行だ。
基本的に持って行くのは米、酒、調味料だけとし(天ぷらの用の小麦粉とソバなんかもあったが)なるべく下界から加工食品等を持ち込まず、野生食材を食べられる分だけ自力採取し有難く味わうことをテーマとしている。
私なんぞはまだまだ新参者の部類、テン場への道すがらベテランメンバーに山菜の知識を教わりながら採取することが楽しい。

RIMG0223
RIMG0227
今回採れたのは コシアブラ、ハリギリ、フキノトウ、タラノメ、ネマガリダケ、ヤマウド、コゴミ、トリアシショウマ、ウルイ、ヒラタケ。

RIMG0222
コゴミを屈み採取中。

RIMG0229
テン場に着いたら早速ウドを剥いて味噌で味わう。

RIMG0238
昼飯を済ませたら三三五五釣に向かう

2015-05-24 10.45.55
2015-05-23 12.21.26
毛鉤に食らいついたイワナ。

2015-05-23 19.03.08
先ずは達人がおろしたイワナ刺身。うま杉。

2015-05-23 18.31.25
コゴミは軽くゆがいて。

11350635_10204509905612997_4411096558403305140_n
マヨネーズと和える。

2015-05-23 19.05.15
フキノトウ入りなめろうにマヨネーズちょろり、ウルイに包んでいただきます。これ絶品。

RIMG0230
テン場はいつもの農ポリタープ

RIMG0232
ベテランが張るとこの通りピンピン。素晴らしい出来。

2015-05-23 18.18.45
総勢7人、3つのパーセルトレンチに6つのビリ缶は圧巻。

2015-05-23 18.24.00
ビール缶で作ったカップで飲む水割り。これも最高。

2015-05-23 19.03.15
そろそろ日も暮れて来て。

2015-05-23 20.41.58
炎の料理人が焚火で山菜の天ぷらを作る。火力調整が出来ない焚火でもカラッと絶品天ぷらを作るれるのは場数がなせる技!?

2015-05-23 19.15.58
酒も進んで夜は更ける。

2015-05-24 07.59.17
朝食はソバと朝揚げ(!)山菜天ぷら

RIMG0236
2日目午前中も釣り

2015-05-24 12.03.34
今回参加紅一点のメンバーは釣ったイワナの皮を剥いでそのままガブリ!
行動食?ワイルド過ぎるぞYヲ。

RIMG0242
サービスカット。RSR十字ゴトクとジェットボイルカップ。

2015-05-24 15.43.06
番外編。
これなーんだ?
イワナにしては肉肉しくないか?

2015-05-24 15.19.56
正解はこれ。
ひゃー!
初めて食べたけど、焼き鳥のセセリに似て美味し。

源流野営釣行のすすめ2

前回は源流フライフィッシングの足周りの装備に関して書きましたが、今回は源流野営(就寝)装備について書きます。今回も内容は完全に私見なので異なる意見の方も居るとは思いますがご了承ください。

対象にする時期はGW明けから梅雨前くらい。場所は関東周辺で標高約1000m、周辺には雪渓あり。といった感じ。山は山菜が真っ盛り、朝は水温が低くイワナの活性も低いが昼前くらいからドライフライで良い感じの釣りが可能、という状況を想定しています。

RIMG0213
1.マットレス THERMAREST Z Lite Sol
2.グランドシート 撥水加工ナイロン 100mm x 200mm
3.ヴィビィサック OR HELIUM BIVY
4.シュラフ モンベル#3
5.ダウンジャケット 薄手
6.ダウンパンツ 薄手
7.ヘッドライト 単3電池1個タイプ
8.エアピロー 空気で膨らませる枕

農ポリタープ(※)の下でゴロ寝する時に必要な装備はこんなところです。
ナイロンのグランドシートは大雨の時下から水が染みてくる可能性があるかもしれませんが、シュラフの外側はヴィビィがあるのであまり気にしません。先日、日暮里の繊維問屋で仕入れた撥水加工ナイロンの端切れをグランドシートとして試しているところなのです、そこそこ軽いしアースカラーがテン場の雰囲気にも合っていると思うので問題が見つかるまで暫く使ってみるつもりです。
シュラフは一昨年同じ環境でモンベル#5で臨んだところ、朝方に耐えられない寒さで眠れなくなってしまったので#3に格上げ。
因みに私は寒がりです。

P1020373※農ポリタープとは農業用ポリシート(0.05mm)を利用したタープのことです、農業用だけあって軽くて強度がありタープの下で気兼ねなく焚火が出来るのが魅力です。


源流野営釣行のすすめ1
源流野営釣行のすすめ3

20150425源流野営釣行

今年の初渓泊釣行、同行者N氏と二人で某渓を目指す。
深夜東京を出て一路北に向かい、
高速を降り深夜のコンビニにで食糧調達をし車止めで暫しの仮眠。

一時間ほどで無理やり起床、身支度を整え日の出とともに歩きだす。
山を乗っ越し川を渡渉し杣道をひたすら歩く、
久しぶりに担ぐバックパックが重い。
途中見つけた山菜を少しだけ採って
取水堰堤を過ぎたあたりでようやく竿を出した。

しかし水温が低く無反応。
小一時間過ぎた頃に巻き返しで初めて反応があった、
その後はタルミに狙いを絞りポツポツ釣り上がる。
昼少し前になるとイワナの活性も上がり
流れから出るようになった。

バックパックを担いでの釣りは堪える、
空腹も限界になったころ
ちょっとだけ厄介な堰堤を越え、
支流に少しだけ入ったところにフラットな幕営地を見つけ
農ポリタープを速やかに設営。
アルコールストーブで湯を沸かしカップ麺とおにぎりの昼食。

ところが幕営適地かと思った場所は
風の通り道のようで
農ポリタープがバタバタとはためく、
流石の農ポリもひもで繋いだ部分がブチ切れるのではないかと心配になり
何度も場所を変えるべきか考えたが
夕方には風も止むだろうとの希望的観測で一致した楽観主義者二名は
タープをそのままにして本流筋を釣り上がることにした。

かくして本流筋はまたしても反応が薄くなり、
午後はさしたる釣果もなくぐったり疲れきって幕営地にもどる。

脆い岩が露出した地形のこの辺りは
やけに方形に剥落した石が多い。
おかげで焚火のかまどは珍しくしっかりしたものに仕上げることができた
水平器を使ったのではないかと思われるほどフラットに
パーセルトレンチが設置出来るのは珍しい。
川筋と平行に石組をしたので折からの強風が効果的に働き
着火剤が無かったが一発でたき火が燃え上がった。

刻んだハリギリをごま油で炒め鷹の爪を加えて麺つゆで煮詰めた具を
焚火缶で炊いたご飯に放り込んで混ぜ合わせ仕上げに白ゴマを振りかければ
極上のハリギリ御飯が完成。
残りのハリギリとタラの芽は薄い衣で天ぷらに。
どちらもバカウマ。

持参した塩ホルモンをあてにウイスキーと焚火をちょっと楽しんだら
歩き疲れと寝不足のおかげで急激に眠気が襲ってきて
早々に寝袋に潜り込んだ。一日目

RIMG0173RIMG0179
RIMG0168
RIMG0169
ここまで来れば後発に追いつかれることはないだろう、水温が低くイワナの活性もわるいので小一時間寝て時間調整。

RIMG0174
10時すぎれば釣れるでしょう。案の定ドライでポツポツ釣れ出した。

RIMG0176
型はそれほどでもないが奇麗な天然イワナ。

RIMG0182
風にの通り道に農ポリタープ張ってしまったようで、タープが持って行かれるくらいの強風に不安になった。しかし釣りから戻ると支柱一本が倒れるも農ポリ0.05mmはブチ切れることなく持ちこたえた。

2015-04-26 06.36.24
剥落していたまっ平らな石をテーブルにして、RSR Stoveで沸かしたコーヒー。
カップはいつものビール缶。これでなきゃ源流の雰囲気でない!のは俺だけ?

RIMG0183
おニューのパーセルトレンチと焚火缶小。焚火で飯炊きはお手のもの。

RIMG0184
ハリギリ飯。タラの芽より山菜独自のコクがあって堪らない旨さ、コシアブラ飯と同等もしくはそれ以上か。

RIMG0185
ハリギリとタラの芽のテンプラ。焚火でカラッと揚がって極上、これぞ春の味。
そうそうこのお皿、じつは100円ショップのフライパンの取っ手を外したもの、もちろんそのまま火にも掛けれるし皿にもなるしお気に入り。アウトドア用のフライパンて縁が直角に上がっていて何となく使い辛くないですか?

2015-04-26 06.07.07
2015-04-26 06.36.28
乾いた薪も豊富、なにしろ地面がフラットで快適なテン場。
その上、かまどに適した石がごろごろ、鍋の中の水面をみれば水平具合がわかる、
こんなこと滅多にない。

2015-04-26 06.27.59
手前に無造作に放ってあるのは鍋つかみとトングの合体品、いぜんMYOG JAPANで絶賛?の嵐の品w

2015-04-26 13.42.52鹿角拾った。

20140416源流釣行

2014-04-16 07.56.20
2015年シーズンも開幕間近になって、流石に昨シーズンの釣行記録を全然アップしてないのはまずいと思いだしまして書いてます(汗

2014-04-16 05.05.53

2014年シーズン初の源流フライフィッシング。

このところ腰痛が酷く自分のペースで遡行したいので単独行です。

2014-04-16 07.14.58

残雪が多く水温も低かったですがドライでポツポツ出ました。

2014-04-16 07.12.43

7寸、8寸、9寸、いよいよ尺か?と言う時に渓が完全に雪に覆われ敢え無く敗退。朝8時半!

2014-04-16 08.33.22

ラバーソールウェーディングシューズは雪上では全くグリップせず軽アイゼンもないので仕方ない。

源流コーヒー飲んで。

2014-04-16 09.13.09

温泉入って帰ってきました。

2014-04-16 09.04.22
2014-04-16 05.05.50

源流野営釣行のすすめ1

最近私の周りで源流フライフィッシング(FF)に興味を持ってくれる人が増えまして、最低限何を用意すれば良いかと聞かれることが多いので備忘録を兼ねてちょっと書いておきます。ちなみにこれは登山経験者向けに書いています、その上内容は完全に私見なので異なる意見の方も居るとは思いますがご了承ください。

私と同行いただく時はFF用の竿やリールなどは貸してあげることが出来ますが、どうしても本人が用意しなければいけないのがウェーディングシューズとネオプレーン素材の靴下です、こればっかりはサイズが合わないと遡行出来ませんから購入してもらうことになります。
IMG_2523 IMG_2524
ウェーディングシューズは靴底にフェルトや特殊なゴムが貼ってあります、これで川底を歩いても滑らなくなります(といっても完全に滑らないということはありません)、そしてウェーディングシューズの内側にはネオプレーン靴下を履き、さらにその内側には登山用のウールの靴下(薄手)を履きます。
靴下は2重に履くことになるのでウェーディングシューズはそれなりに余裕があるサイズを購入しないと痛い目に合います、最初はお店でフィッティングした方が良いでしょう。
実際に購入する場合、ウェーディングシューズの靴底はフェルトとゴムとどちらが良いのか?ということになりますが、最初はフェルト底のシューズをお薦めします。フェルト底のモデルの方が断然種類が多く安価ですし一般的にゴムより滑りません。
因みに今まで使用したウェーディングシューズのブランド一覧を以下に。
Rivalley Chota pazdesign DANNER mazume LITLEPRESENTS airista

ズボンは登山用の吸水性の無い化繊のモノを履いてください、ズボンの内側はアウトドア用のタイツを履いた方が良いです、源流の水は冷たいのでタイツも必須です。タイツも吸水性の無い化繊のモノです。
因みに私が使用しているタイツは fintrackのフラッドラッシュアクティブスキンとmont-bellのジオラインです。
最後にズボンの上から脛と膝を守るネオプレーン素材のスパッツを巻きます。
IMG_2525

とここまで書いておきながらですが、上記の装備は大体GW連休以降のものです。それ以前は私もウェーダーを履きます、水が恐ろしく冷たいですからね。ウェーダーは長さが色々ありますが源流FFの場合は腰まで長さのウェストハイのものが良いと思います、その時期に源流帯で胸まであるチェストハイを使うほど深場に入るのは危険ですし、現場までの山歩きが大変になるからです。
次回は源流野営(就寝)装備について書きたいと思います。
P1020226


源流野営釣行のすすめ2
源流野営釣行のすすめ3