源流野営釣行のすすめ1

最近私の周りで源流フライフィッシング(FF)に興味を持ってくれる人が増えまして、最低限何を用意すれば良いかと聞かれることが多いので備忘録を兼ねてちょっと書いておきます。ちなみにこれは登山経験者向けに書いています、その上内容は完全に私見なので異なる意見の方も居るとは思いますがご了承ください。

私と同行いただく時はFF用の竿やリールなどは貸してあげることが出来ますが、どうしても本人が用意しなければいけないのがウェーディングシューズとネオプレーン素材の靴下です、こればっかりはサイズが合わないと遡行出来ませんから購入してもらうことになります。
IMG_2523 IMG_2524
ウェーディングシューズは靴底にフェルトや特殊なゴムが貼ってあります、これで川底を歩いても滑らなくなります(といっても完全に滑らないということはありません)、そしてウェーディングシューズの内側にはネオプレーン靴下を履き、さらにその内側には登山用のウールの靴下(薄手)を履きます。
靴下は2重に履くことになるのでウェーディングシューズはそれなりに余裕があるサイズを購入しないと痛い目に合います、最初はお店でフィッティングした方が良いでしょう。
実際に購入する場合、ウェーディングシューズの靴底はフェルトとゴムとどちらが良いのか?ということになりますが、最初はフェルト底のシューズをお薦めします。フェルト底のモデルの方が断然種類が多く安価ですし一般的にゴムより滑りません。
因みに今まで使用したウェーディングシューズのブランド一覧を以下に。
Rivalley Chota pazdesign DANNER mazume LITLEPRESENTS airista

ズボンは登山用の吸水性の無い化繊のモノを履いてください、ズボンの内側はアウトドア用のタイツを履いた方が良いです、源流の水は冷たいのでタイツも必須です。タイツも吸水性の無い化繊のモノです。
因みに私が使用しているタイツは fintrackのフラッドラッシュアクティブスキンとmont-bellのジオラインです。
最後にズボンの上から脛と膝を守るネオプレーン素材のスパッツを巻きます。
IMG_2525

とここまで書いておきながらですが、上記の装備は大体GW連休以降のものです。それ以前は私もウェーダーを履きます、水が恐ろしく冷たいですからね。ウェーダーは長さが色々ありますが源流FFの場合は腰まで長さのウェストハイのものが良いと思います、その時期に源流帯で胸まであるチェストハイを使うほど深場に入るのは危険ですし、現場までの山歩きが大変になるからです。
次回は源流野営(就寝)装備について書きたいと思います。
P1020226


源流野営釣行のすすめ2
源流野営釣行のすすめ3

RSR pot stand 3rd

RSR pot stand(ゴトク)が新しくなり、より小径のカップに対応しました。

 

IMG_2620
以前より要望があったsnow peak シングルチタンマグ450にも対応しています。

RIMG0141

左が新しいRSR pot stand 3rd(ゴトク)、右が2ndモデルです。

RIMG0147

RSR pot stand 3rdモデルは3つの部品からなる折り畳み式です。畳んだときの大きさは
縦82mm 横34mm 、3つ部品を重ねても10mmほどです。
重さは45g  SUS304製です。

燃料用ボトル

RIMG0138RSR Stoveにベストマッチするポリプロピレン製(PP)ボトル。
RSR Stoveの内側に簡易風防を入れ、その中に気持ち良いくらいピッタリ入るサイズです。外側に100mlの目盛が打ってありますが、目一杯に入れると110mlくらいでしょうか、一泊のミニマムソロキャンプで使えると思います。
高さ:100mm  直径:φ47mm 重さ:14g

アルミ製簡易風防

2014-09-25 15.24.35 2014-09-25 15.27.24
アルミ製の簡易風防です
サイズ 50mm×300mm 厚さ0.1mm 重さ5g
純アルミ製で柔らかいためどうしても加工時に傷がついてしままいます、予めご了承ください。
また、強風時に使用し風防が炎に直接当る時間が長くなると、変形し溶ける可能性があります、あくまでも簡易な対策としてお考えください。

RSR Pot Standの試作

2014-09-22 14.17.07

以前よりご要望があった小径マグに対応させたゴトクを試作しています。

2014-09-24 10.50.18 2014-09-22 14.21.52

試作品ができあがり組立したところ、組立方にちょっとしたコツが必要だと判ってこのプロトタイプは製品化出来なくなりましたorz。

2014-09-22 14.18.06

自分で使う分には問題ないので暫く使ってみようと思います。
すでに改良品は再設計できているので製品化は次期バージョンになると思います。

RSR Stoveで炊飯

RIMG0106渓泊の時は焚火で炊飯が定番なのだけれど、一人の時はアルコールストーブで炊飯がお手軽なので、このところ頻繁にやってます。
慣れると簡単ですが成功のためには幾つかポイントがあります。

先ずは米を研いだら最低1時間は水に漬けること。

なので、テン場についたら早々に米を研いで置くのが肝要。

RIMG0108
次は火力。
アルコールストーブはモノによって火力が違うので一概には言えませんがRSR Stoveは高火力なので弱火にしないと焦げちゃって炊けません。
一枚目の写真の右上に写ってるリング状の蓋を被せて弱火で炊きます。

RIMG0109

そして、炊く時間。
沸騰して鍋から蒸気が出てきたらその状態を6~7分キープ。
最後の頃は鼻を利かせて焦げの匂いに注意します。

最後に、蒸らし。
ストーブから下したら鍋ごとタオル等にくるんで15分ほど蒸らします。

2014-09-22 19.07.43

すると大体こんな感じに炊けます。
思ったより簡単。

RSR pot stand 2nd

RSR pot stand(ゴトク)が新しくなりました
以前のバージョンより高さを15mm低くすることにより仕舞寸法が小さくなりました、またトランギアTRB25にも対応させました。
rsrpot stand2nd02

RSR pot standは3つの部品からなる折り畳み式です。畳んだときの大きさは
縦82mm 横34mm 、3つ部品を重ねても10mmほどです。
重さは49g  SUS304製です。
rsrpot stand2nd01

もちろん従来通りRSR Stoveにはジャストフィット
rsrpot stand2nd04

RSR pot standが新しくなったのに伴い、Windscreen (簡易風防)も新しくなりました。従来ですと風防と鍋底との間に15mmの隙間が開いていましたが、今回より隙間が5mmになりました。これにより風の影響が少し低減しました。
縦49mm 横300mm 厚さ0.1mm ステンレス製
rsrpot stand2nd06

アルコールストーブのゴトクとしてだけではなく、不整地に飲み物を置く場合の台としても使用いただけます。使用しない場合はカラビナで束ねてベルトループに吊るしておいて、草地の地面などに座ってビールを飲む場合には簡単に組み立ててドリンクスタンドとします。
※私は野外フェスで何度もビールをこぼした苦い経験があるので (^^ゞ
rsrpot stand2nd05

 

RSR Stove次期バージョンの開発状況について

開発中のRSR Stove 次期バージョン、試作品の燃焼試験の様子です。問題なく作動しているので一先ず安心しました。
次期バージョンは高出力だけではなく安定燃焼を考慮し内部構造を変更しています。構造の詳細についてはまだ発表できません。
これよりコスト計算、VEを経て量産体制(といってもたかが知れてますが)に入ります。

燃料気化室の密閉 耐熱グリスの塗布について

49RSR Stoveを効率良くご利用いただくためには、燃料気化室の密閉が必要です。
密閉が上手く行っていないと器とインナーの隙間から微量のアルコール蒸気が吹き出し火漏れがおこります。
密閉をするためにはRSR Stoveの器の縁に耐熱グリースを薄く塗布します。上記画像にあるように指先に耐熱グリースを付けて器の縁を軽くなぞって塗ってください。この際、器の内側に耐熱グリースが入り込むと異常燃焼がおこる可能性があるのでご注意ください。
グリースの量は微量で大丈夫です。
グリースを塗ったらたインナー部品をはめ込み、密着させます。グリースがはみ出したら、ティッシュや布でふき取ってください。

※現行のRSR Stove 2nd model は密閉式になりましたので上記のグリース塗布が必要ありません

アルコールストーブ用消火蓋について


 2014-07-02 11.14.22

RSR Stoveの消火に使える蓋です。(φ53くらいの缶で作ったCHSタイプのアルコールストーブに対応します)
大きさ/直径59mm 高さ19mm 重さ7.5g スチール製

2014-07-02 11.14.37

このようにRSR Stoveに被せると消火ができます。アルールを無駄にせず回収することが出来るので長期間になる縦走などで効果が実感できると思います。