源流野営釣行のすすめ1

最近私の周りで源流フライフィッシング(FF)に興味を持ってくれる人が増えまして、最低限何を用意すれば良いかと聞かれることが多いので備忘録を兼ねてちょっと書いておきます。ちなみにこれは登山経験者向けに書いています、その上内容は完全に私見なので異なる意見の方も居るとは思いますがご了承ください。

私と同行いただく時はFF用の竿やリールなどは貸してあげることが出来ますが、どうしても本人が用意しなければいけないのがウェーディングシューズとネオプレーン素材の靴下です、こればっかりはサイズが合わないと遡行出来ませんから購入してもらうことになります。
IMG_2523 IMG_2524
ウェーディングシューズは靴底にフェルトや特殊なゴムが貼ってあります、これで川底を歩いても滑らなくなります(といっても完全に滑らないということはありません)、そしてウェーディングシューズの内側にはネオプレーン靴下を履き、さらにその内側には登山用のウールの靴下(薄手)を履きます。
靴下は2重に履くことになるのでウェーディングシューズはそれなりに余裕があるサイズを購入しないと痛い目に合います、最初はお店でフィッティングした方が良いでしょう。
実際に購入する場合、ウェーディングシューズの靴底はフェルトとゴムとどちらが良いのか?ということになりますが、最初はフェルト底のシューズをお薦めします。フェルト底のモデルの方が断然種類が多く安価ですし一般的にゴムより滑りません。
因みに今まで使用したウェーディングシューズのブランド一覧を以下に。
Rivalley Chota pazdesign DANNER mazume LITLEPRESENTS airista

ズボンは登山用の吸水性の無い化繊のモノを履いてください、ズボンの内側はアウトドア用のタイツを履いた方が良いです、源流の水は冷たいのでタイツも必須です。タイツも吸水性の無い化繊のモノです。
因みに私が使用しているタイツは fintrackのフラッドラッシュアクティブスキンとmont-bellのジオラインです。
最後にズボンの上から脛と膝を守るネオプレーン素材のスパッツを巻きます。
IMG_2525

とここまで書いておきながらですが、上記の装備は大体GW連休以降のものです。それ以前は私もウェーダーを履きます、水が恐ろしく冷たいですからね。ウェーダーは長さが色々ありますが源流FFの場合は腰まで長さのウェストハイのものが良いと思います、その時期に源流帯で胸まであるチェストハイを使うほど深場に入るのは危険ですし、現場までの山歩きが大変になるからです。
次回は源流野営(就寝)装備について書きたいと思います。
P1020226


源流野営釣行のすすめ2
源流野営釣行のすすめ3

Kanazawa Bamboo Rods Works H-673-3

以前より使用しているkanazawa bambooさんのロッド。
昨年、白山を訪れkanazawa bambooさんと一緒に源流釣りをさせていただいた折に、
デモロッドをお借りしました。
その釣り味が大変気に入ったので、そのデモロッドをリフォームして譲っていただきました。
P1020175

このロッドメーカーには特徴が幾つもありまして、その一つはノードレス。バンブーロッドにおけるノードとは竹の節のこと。竹は全体的にみて真っ直ぐに伸びる繊維質の植物ですが、節の部分は固く繊維が曲がってるのでバンブーロッド製作においてとても厄介な部分と言えます。伝統的な作製方法によると節の部分を熱によって伸ばして利用するのですが、ノードレス工法ですと節の部分の前後を斜めに切り落として繋ぎます。写真を見るとKanazawa BambooのインスクリプションのKの文字がかかる竹が斜めに張り合わされているのが判ると思います。
そもそも、バンブーロッドは先細りさせた三角柱のピースを6本束ねて6角形のロッドを作ります、kanazawa bambooはその殆どが3ピースのロッドですので通常の方法で作製しても18の竹片から1本のロッドを作製することになるのですが、ノードレスですとその倍の竹片を使うことになります。大変手間のかかったロッドなのです。

今回入手したロッドは6フィート7インチの3番、3ピースロッドです。アクションはファースト”H”。kanazawa bambooは2つのアクションのラインナップがあります、以前オーダーした7フィートのロッドはスローなアクション”k”ロッドでした。
P1020177

源流の釣りあがりにはとてもあったロッドです。シーズン終盤はこのロッドを納得行くまで使い倒すつもりです。

 

 

 

 

P1020176

シューズのフェルトソール張り替え

P1020064

源流釣りでワンシーズン使うとウェーディングシューズのソールのフェルトがすり減ってグリップが効かなくなります。私は人があまり入らない源流での釣りを好むので、林道や川原の歩きが長いことが多く、フェルトがワンシーズンしか持たないのです。シューズの上面はまだ使えそうなのですが、ソールの張り替えを店舗に依頼すると高額なので自分でやってみようと思いました。

 

P1020089
使うのは交換用のフェルト、フェルトソール用の接着剤。
フェルトはもちろんソール用として販売されているもの。
接着剤はボンドG17とか使う人もいるようですが、結構はがれるようなので専用品を使った方が良いみたいです。

 

 

P1020065
ソールは使いすぎてすり減っている上にめくれてきています。

 

 

 

 

P1020066
めくれているソールの端をバイスプライヤーで挟んで

 

 

 

 

P1020069
ソール(フェルト)を少し残した状態でカッターを使って削ぎ切りします

 

 

 

 

P1020067
その時便利なのがフラット式バイスプライヤー。バイスプライヤーはロッキングプライヤーとも言われて、挟みしろの厚さを調整し、指定の幅でロック出来るペンチです。そのなかでフラット式のものは咥える先端が平たくなっているので一定の幅に対して均等に力を加えることが出来るので、こういった作業をするのにとても便利です。

 

 

P1020070
ソールをきれいに剥がすことが出来ました。

 

 

 

 

P1020071
シューズの底の形を型紙に写し取り、交換用のフェルトを型紙にそって切り抜きます。

 

 

 

 

P1020072
シューズ底とフェルトの両面にボンドを塗り広げて約20分乾燥させます、それを2回行います。
その後、位置をずらさないように気を付けてフェルトを靴底に張り合わせ木槌などで叩いてフェルトと底を密着させます。

 

 

 

P1020073
最後はテープでシューズをぐるぐる巻きにして24時間固定します。

 

 

 

P1020085
完成写真を撮り忘れて、一日釣った後の写真。すでに汚れてしまっていますがソールはがっちり密着して取れません。