チタン製簡易風防

IMG_2623

IMG_2626

チタン製の簡易風防です。鍋を覆うタイプの風防に比べるとこと強風による対応力は落ちますが、風によりストーブの炎が消えることはまずありません。
風防としての役割とリフレクター(熱を反射させて筺体を暖める)としての役割、および上昇気流を促し燃焼効果を高める役割があります。

重量4g 大きさ/縦49mm 横300mm 厚0.05mm  材質/チタン

折畳み式ゴトクのヒンジの緩み対処方

折畳み式ゴトクは使い続けるとその構造上どうしてもヒンジ部分にゆるみが生じてしまいます。簡単な対処方としましてはヒンジ部分を固く平らな面に置き、上から金槌等でヒンジのリベットを叩きカシメることです。
2015-11-14 10.26.12

これでゆるみが治ると思われますが、何度も繰り返しゆるみが出て叩いても治らなくなってしまった場合はヒンジ部分のリベットを交換することになります。
やり方は簡単です。

2015-11-14 10.27.14
まずは古いリベットをニッパー等で切断し外します

2015-11-14 10.25.18

交換用リベット

2015-11-14 10.25.40
交換用リベットをゴトクの穴にはめて、突き出した部分をカナヅチで叩いて潰します。
この際叩きすぎるとヒンジの動きが鈍くなりますので何度か軽く叩いてはヒンジの動きを確認しながら行うと良いと思います。

交換用リベットが必要な場合はメールでご連絡ください。
6個パックで送料込300円(普通郵便)でお送りいたします。

ステンレス製簡易風防

IMG_2535 IMG_2536

ステンレス製の簡易風防です。鍋を覆うタイプの風防に比べるとこと強風による対応力は落ちますが、風によりストーブの炎が消えることはまずありません。
風防としての役割とリフレクター(熱を反射させて筺体を暖める)としての役割、および上昇気流を促し燃焼効果を高める役割があります。

重量13g 大きさ/縦49mm 横300mm 厚0.1mm  材質/SUS304

バイオエタノール3種

以前、アルコールストーブでバイオエタノールを使ってみたくて調べた時には手に入るものがエコロール(バイオエタノール暖炉用!)くらいしか無かったのですが、最近LINDENなる除菌もできる燃料用バイオエタノールが売り出されているので購入してみました。
燃料用としてはちょっとお高いのですが除菌もできるというマルチユースに惹かれましてw。
でもマルチユースっていえばもっと有るじゃないか。飲めるバイオエタノール!
スピリタスというウオッカ、アルコール度数96度!
RSR Stoveで3種を一気に燃やしてみるか

IMG_2522
左から スピリタス、LINDEN、エコロール
IMG_2532
左から スピリタス、LINDEN、エコロール

ああ、燃えた感じはほとんどどれでも一緒、若干LINDENが強いのかな?
前にも書きましたがバイオエタノールは石油から作るメタノール系に比べ赤い炎が出るので日中に使うのには見え易くて良いですね。

スピリタス 500ml 実勢価格1,542円(税抜)

LINDEN 500ml 価格1,100円(税抜)
エタノール(サトウキビ原料)85.5%
NPA(Nプロパノール) 9.6%
IPA(イソプロパノール)4.9%

エコロール 500ml換算価格190円 実際は10L 3,800円(税抜)が購入最低ロット
エタノール 82%
メタノール 10%
イソプロピルアルコール 1%
精製水 7%

RSR pot stand 3rd

RSR pot stand(ゴトク)が新しくなり、より小径のカップに対応しました。

 

IMG_2620
以前より要望があったsnow peak シングルチタンマグ450にも対応しています。

RIMG0141

左が新しいRSR pot stand 3rd(ゴトク)、右が2ndモデルです。

RIMG0147

RSR pot stand 3rdモデルは3つの部品からなる折り畳み式です。畳んだときの大きさは
縦82mm 横34mm 、3つ部品を重ねても10mmほどです。
重さは45g  SUS304製です。

燃料用ボトル

RIMG0138RSR Stoveにベストマッチするポリプロピレン製(PP)ボトル。
RSR Stoveの内側に簡易風防を入れ、その中に気持ち良いくらいピッタリ入るサイズです。外側に100mlの目盛が打ってありますが、目一杯に入れると110mlくらいでしょうか、一泊のミニマムソロキャンプで使えると思います。
高さ:100mm  直径:φ47mm 重さ:14g

アルコールストーブ消火蓋

RIMG0139

炎が中央に収束するRSR Stoveは蓋をすることで消火することが出来ます。しかし、火力が最大になっている時には蓋を被せても炎が脇からもれる場合があります、その際は蓋を一瞬持ち上げると上手く消火することが出来ます。
重量7.5g 大きさ/直径59mm 高さ10mm 材質/スチール製

アルミ製簡易風防

2014-09-25 15.24.35 2014-09-25 15.27.24
アルミ製の簡易風防です
サイズ 50mm×300mm 厚さ0.1mm 重さ5g
純アルミ製で柔らかいためどうしても加工時に傷がついてしままいます、予めご了承ください。
また、強風時に使用し風防が炎に直接当る時間が長くなると、変形し溶ける可能性があります、あくまでも簡易な対策としてお考えください。

RSR Pot Standの試作

2014-09-22 14.17.07

以前よりご要望があった小径マグに対応させたゴトクを試作しています。

2014-09-24 10.50.18 2014-09-22 14.21.52

試作品ができあがり組立したところ、組立方にちょっとしたコツが必要だと判ってこのプロトタイプは製品化出来なくなりましたorz。

2014-09-22 14.18.06

自分で使う分には問題ないので暫く使ってみようと思います。
すでに改良品は再設計できているので製品化は次期バージョンになると思います。

RSR Stoveで炊飯

RIMG0106渓泊の時は焚火で炊飯が定番なのだけれど、一人の時はアルコールストーブで炊飯がお手軽なので、このところ頻繁にやってます。
慣れると簡単ですが成功のためには幾つかポイントがあります。

先ずは米を研いだら最低1時間は水に漬けること。

なので、テン場についたら早々に米を研いで置くのが肝要。

RIMG0108
次は火力。
アルコールストーブはモノによって火力が違うので一概には言えませんがRSR Stoveは高火力なので弱火にしないと焦げちゃって炊けません。
一枚目の写真の右上に写ってるリング状の蓋を被せて弱火で炊きます。

RIMG0109

そして、炊く時間。
沸騰して鍋から蒸気が出てきたらその状態を6~7分キープ。
最後の頃は鼻を利かせて焦げの匂いに注意します。

最後に、蒸らし。
ストーブから下したら鍋ごとタオル等にくるんで15分ほど蒸らします。

2014-09-22 19.07.43

すると大体こんな感じに炊けます。
思ったより簡単。